English中文DeutschEspañolFrançaisItaliano 한국어Portuguêsру́сскийNederlands

せっかくホスティングツールを開発しても役立てられなければそれまでですので、みなさまのホスティングの進め方、それにツールをどう活用しているのかはとても重要です。今回は「今すぐ予約」開発チームに直接会って、たくさんの方々から寄せられた「今すぐ予約」の気になる質問について回答を取材してきました。ここを読めば今まで以上に自信をもってホスティングの大切な意思決定を行えるのではないかと思います。

「今すぐ予約」は何がどう有利? 使うべき理由とは?

「今すぐ予約」のメリットは枚挙にいとまがないほどです。

「今すぐ予約」利用者は「予約リクエスト」利用者より予約獲得数が最大2倍という数字が出ているのですが、これだけ差が出る背景には次の要因があります。

  1. ゲストは通常、「今すぐ予約」できるオプションがあるなら、そちらを選びます。その方が時間短縮になりますので、予約を手早く済ませて旅行の残りの計画に集中できるからです。
  2. 検索ページには「今すぐ予約」だけに絞って探せる検索フィルターもあります。Airbnbで行われる予約の実に3分の2近くは「今すぐ予約」経由です。
  3. 「今すぐ予約」はホスト側の時間節約にもなります。旅行者からの予約リクエストに毎回手動で返信する必要がないため、もっと自分の時間を作ることができます。

ホストはつながる世界の創出を最前線で支える存在でもあります。誰もが受け入れられていると実感できる環境づくりの面でも「今すぐ予約」はパワフルな支援ツールとなります。

  1. 「今すぐ予約」はボタンひとつで予約確定ですので、あらゆるゲストに平等な対応を徹底できます。
  2. 社内のゲストのデータでは、Airbnbで予約を試みて一度でも却下されると(あるいは返答がないまま無視されると)、二度とAirbnbは使わない傾向が強いことがわかっています。そのリピート率はAirbnb1つ星評価の最悪な旅を経験したゲストよりもまだ低いほどなのです!
  3. 「今すぐ予約」で受け付けても「予約リクエスト」で受け付けても結果的にゲストと旅のクオリティには大きな違いはないということも徐々にわかってきました。「今すぐ予約」のゲストに対するホストの平均評価は、その他のゲストとまったく同じです。

「今すぐ予約」 には予約を増やす効果があるという話はホント?

本当です。「今すぐ予約」をONにすると予約は増えます。これは次の理由によります。

  1. ゲストは「今すぐ予約」の方を好む傾向が強く、今やAirbnb全体の予約の6割以上が「今すぐ予約」経由です。
  2. 「今すぐ予約」のリスティングは検索結果の上位に表示されます。
  3. 「今すぐ予約」をONにすることにより、「今すぐ予約」のフィルターで対応物件に条件を絞って探す検索でもヒットするようになります。
  4. それやこれやでビュー数が増えるため、予約も増えます。社内のデータでも「今すぐ予約」のホストは「予約リクエスト」のホストに比べ予約獲得数が最大2倍という数字が出ています。

ホスト初心者です。「今すぐ予約」になっているとは知らず、カレンダー更新もまだのうちに、承認なしに予約が入ってしまいました。キャンセルしたら違約金が。どうして「今すぐ予約」がデフォルト設定なのですか?

リスティング作成の段階で新規ホストのみなさまには「今すぐ予約」になることは慎重にお伝えしているはずなのですが、これはもっと改善の余地があるようですね。Airbnbは慣れるまで時間もかかることと思います。そのためホストによるキャンセルに伴うキャンセル料は6ヶ月に1回まで免除が適用されますのでご安心ください(詳細はこちら)

新規登録のみなさまに「今すぐ予約」の設定から始めていただいているのは、世界中どこでも居場所のある世界を創出するAirbnbのミッションに沿う設定だからです。「今すぐ予約」はゲストにも人気ですので、より高い収益が望めます。また、将来的にAirbnbは「今すぐ予約」を予約方法として推奨していく方針でもありますので、Airbnbの未来を先取りする設定でスタートしていただいている次第です。

過去に問題のあったゲストが「今すぐ予約」を利用できない設定にすることは可能?

可能です! つい先日、Airbnbの仕様を変更し、ホストがネガティブなレビューや3つ星未満の低評価をしたゲストは自動ブロックされるシステムになりました。二度と予約される心配はありません。

自分の家に泊める人ぐらい自分で管理したいです。予約した人と泊まりにくる人が同一人物という保証もないですし。

Airbnbで予約する際には全員かならず一定の要件を満たさなければならず、電話番号、メールアドレス、支払い情報などの確認を行っています。またAirbnbではホストとゲストの両方に対し、FacebookLinkedInなどのSNSとの連携による認証確認済み項目の追加も推奨しています。

さらにホスト側からも政府発行の身分証明書の弊社への提示をゲストに求め、別種の本人確認書類と照合する本人確認が可能です。こちらは通常、自撮り写真を身分証明書の顔写真と突き合わせ同一人物であることを確認することで行います。このように本人確認には二重、三重のレイヤーを設け、なりすまし予防に努めています。

なぜAirbnbは「今すぐ予約」をONにするホストの検索順位を上げるんですか? ONにしないと不利に思えてなりません。

みなさま同様、私たちも宿泊予約ではなるべく多くの旅行者にAirbnbを選んでもらいたいと考えています。即予約物件をプロモートしているのはそのためです。泊まりたい!と思ったその場で即予約できる方がゲストは確実にAirbnbを利用しますので、より多くのゲストの宿泊予約に繋がります。 「今すぐ予約」をホストに推奨しているのは、その方がやはり収益率が高く、ゲストがもっとも満足する予約手法だからです。

「今すぐ予約」はいつどのようにすれば無効にできますか?

「今すぐ予約」 が向かない方も中にはいると思います。オフにする手続きは「予約設定」でできます。ただ、オフにする前に、リスティングの条件ぴったりの予約を確保するための予約、ゲスト、日付の設定をひととおり見て頭に入れておきましょうね。たとえば午前と午後に2つの予約が重なる日はお掃除の時間も満足にとれなくて大変!という方は、宿泊前後の予約を自動ブロックする設定も可能です。

「今すぐ予約」で入った予約をペナルティ免除でキャンセルできる回数と理由を教えてください。

ゲストがハウスルールに違反した場合、ハウスルール違反を企てた場合、ホストが予約に不安や違和感を感じた場合、ホストは 「今すぐ予約」の予約をペナルティ免除の回数無制限でキャンセルできます。以上の理由によるキャンセルは100%ペナルティ免除です。つまりキャンセル料も、レビューへの自動メッセージ投稿、解約した日付の永久ブロック、「スーパーホスト」認定資格喪失もありません。

しかしながらAirbnb「差別禁止ポリシー」に違反する理由で解約した場合は、ペナルティの免除は認められません。ゲストから差別の訴えがあればAirbnb側でキャンセル理由の内容を確かめ、その結果次第でペナルティ免除が見送りとなる場合もあります。

ゲストとのふれあいや交流がAirbnbの良さなのに「今すぐ予約」をプッシュするなんて、良さが台無しなのでは?

「今すぐ予約」推奨の目的は決して、ゲストとのふれあい交流を消し去ることではありません。 予約の雑務(メッセージのやりとり、事前の説明、ハウスルールの確認など)にとられる時間を軽減し、ホスティングの一番楽しいところにたっぷり時間をかけていただくのが狙いです。

ユーザーエクスペリエンス的に見ても「今すぐ予約」の方がゲストは、Airbnbで歓迎されていると感じることができます。予約リクエストだと、予約の要件を完璧に満たしている場合でも、運が悪いと何度も断られ続きで落ち込むこともありますし、ホストから返事がこなくて旅の計画が足踏みになることもありますからね。一度でも却下されたり、予約しづらいと感じたら、そのゲストは次の旅でAirbnb自体を選んでくれないことも結構多いのです。Airbnbに行けば泊まりたいところがきっと見つかる、そしてすぐその場で予約できる、そう信頼できればゲストも自信がつき、旅行のたびにAirbnbを選んでもらえるという事情があります。

ホスティング歴は長いのですが、「今すぐ予約」の一部のゲストにハウスルールを破られました。「今すぐ予約」を信頼していいものかどうかで悩んでいます。

もちろん例外がまったくないわけではありませんが、全体の平均で見た場合、「今すぐ予約」を利用するゲストは「予約リクエスト」を利用するゲスト並みに高い評価をホストから受けています。ゲストの質も旅行のタイプも、ほぼ違いがないことが徐々にわかってきました。

物件に関する留意事項は「ハウスルール」とリスティングの説明文に明記できますので、事前にお互いの期待やルールのすり合わせは可能です。

「今すぐ予約」のホストにも「予約リクエスト」を求めるホスト同様に最適な予約を確保できるという自信を持っていただきたいと思っていますので、もし予約に違和感を感じたり、ゲストにハウスルールを違反された場合には、常時オンラインで100%ペナルティ免除でキャンセルできるシステムになっています。キャンセルの詳細はヘルプセンターでどうぞ。

「今すぐ予約」のゲストは本人確認が必要なのに、ほかのゲストは要りません。なぜ?

どんな予約でもAirbnbゲストは全員かならず予約前に氏名、電話番号、メールアドレス、支払い情報の確認が必須です。「今すぐ予約」 のホストは毎回リクエストを審査できませんので、Airbnb経由で旅行者の本人確認を行い、泊めるゲストの身元にもっと自信が持てるようにしています。また、「今すぐ予約」 のホストは予約確定前に旅行者を審査できませんので、ポジティブなレビューを獲得済みの経験豊富なゲストだけに予約を制限することも可能です。

ひとつ提案なんですが、カレンダーで「今すぐ予約」の日と通常予約の日を選べるようにしてはどうでしょう?

それはいいアイディアですね! さっそく実現の方法を話し合っているところです。本決まりになったら発表しますので、お楽しみに。

「今すぐ予約」をオフにすると検索から消えてしまうんですか?

いえいえ消えません。「今すぐ予約」をオフにしたぐらいで検索結果からリスティングが消えることはありません。ただ、ゲストは「今すぐ予約」の検索フィルターで検索を絞れますし、一部のケースではこの検索フィルターがデフォルトで適用されている場合もあります。後者の場合は旅行者が手動でフィルターのチェックを外さないと「今すぐ予約」がオフの物件は表示されません。