English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский  Português  Nederlands

Airbnbでの体験ホスティングは、あなたのビジネスを成長させ、世界中のゲストとあなたの情熱を共有できる素晴らしい機会になるでしょう。最初の体験をホストするまでのステップは、新たなワクワクへと踏み出すために欠かせない基本要素です。賢明かつ起業家精神に富んだアプローチでホスティングに取り組めば、体験を実施しているエリアの市場を理解し、最適なゲストを見つけて、一気に成功へと近づけることができるでしょう。

今回は、体験をの立ち上げから成長までに役立つ、ビジネススキルを磨くための起業家精神的な心構えをいくつかご紹介します:

1. ミッションを大切にする起業家精神

Airbnbのミッションは「暮らすように旅する」を実現すること。「つながり」は、Airbnbという企業の中心を貫く発想でもあります。この哲学は、Airbnbのすべての企業活動や経営判断の指針となっています。

コミュニティの何百万の人とともに、これらの人々はそれぞれにユニークな人生の背景を持ち、人生の経験をしています。それぞれが大きく違った文化背景を持ち、違った土地からやってきます。でもどれだけ離れていても、繋がりたい、理解したい、居場所がほしいという、共通の強い気持ちで繋がっています。ひとつの小さなアパートでの信じがたい物語は、「繋がっていればどこへでも行ける」というアイデアから始まりました。そして今、Airbnbはこの信念であなたとともに新しいページをめくります。
ブライアン・チェスキー

ミッションは、そもそもなぜあなたはその体験のホスティングをしたいのか、という問いに対する答えになります。ミッションの明確な定義を持っていると、リスクを冒したり、新しいアイディアに挑んだり、ゲストから価値のあるフィードバックをもらうときにも、本来の理想からぶれずにいられます。

新たに立ち上げたビジネスが軌道に乗るまでは時間がかかるもの。「一夜にして成功を収めた」サクセスストーリーの裏には、並々ならぬ努力があります。明確なミッションがあると、モチベーションを保ち、より大きなビジョンを描きながら、Airbnb体験の成功に向けて取り組んでいくことができます。

明確なミッションを定めるためのガイダンスが必要な方は、「Airbnb体験を成功させるミッションとゴール」のワークシートをダウンロードしてください。

2. 変革と反復

ミッションを抱いて未来の成功に向けた下準備をするにあたり、新たな挑戦には予想もつかない困難がつきものだということを理解しておきましょう。かつて、Airbnbは財政困難に直面したことがあり、創業者らは事業存続のために資金が必要だと考えました。ちょうど2008年の米大統領選を控えていたため、クチコミで拡散できる資金調達策として、Obama-O’sとCaptain McCainの2種類のシリアルを作ってホストに販売することを思いついたのです。Airbnbはパッケージのデザインも制作も自社で行い、資金が底をつく前に3万ドル相当を売り上げることに成功しました。

「資金調達のため、1千箱の朝食用シリアルを手作りで用意した。1千箱を、文字どおり手作りしたのです
ブライアン・チェスキー

障壁に挑み、ポジティブさを保ち、Airbnbのミッションを信頼することで、私たち創業者は最も困難な時期のひとつを乗り越え、おまけにメディアの関心を惹き付けることもできました。新しいアイディアにオープンであること(そして決断と気概も併せ持つこと)が、起業家としてのさらなる成功につながることもあるということです。

創造性と柔軟性を持つことで、あなたがホスティングする体験もどんどん洗練されていくことでしょう。また、臨機応変さを持つことで、新たな機会や体験の方向性についての知見も蓄えられます。

ホストはゲストについてどんどん学び、たくさんの新しいアイディアを実践しています。あなたには、自分の本心とミッションに従ってビジネスを運営するパワーを持っているのです。行き詰ったり、思うような結果が出ないと感じたときは、ゲストを惹きつけてピカイチの評価をもらうとしたら、あなたの体験を見てくれる人にはどんなアプローチがベストなのか、さまざまな方向から試してみましょう。

 

「立ち上げ当初、あまり予約が取れなかった私は、料金を下げられる方法がないか考えました。それまではすべてのゲストに、カイピリーニャというブラジルのカクテルを提供していたのですが、それをサービス内容から外しました。そうしたら、より手頃な料金でツアーを提供できるようになっただけでなく、幅広い年代の人が参加してくれるようになりました。この変更は、予約数を伸ばすうえでとても有効でした。
– Gabrielaさん、「
リトル・アフリカとその遺産」体験ホスト (リオ) 

3. どうやったらゲストを魅了できるか追求する

ゲストに提供できる最良のサービスを突き詰めて考えた結果、皆さんが体験から何を持ち帰ってくれているのかが、自分の中でより明確になりました。私は「ゲストのみなさんは、私の体験で何を感じたいのだろう」と自問してみました。ゲストは、Airbnbがまさに謳っているとおり「暮らすように旅したい」と感じていたのです
— Melanieさん、「ビーチ瞑想」体験ホスト (カリフォルニア州ロサンゼルス)

ホストとして成長するために、あなた自身の心構えがいかに重要か、また成功の方程式の半分はゲストの視点であることを、ここまでお伝えしてきました。私たちが知るなかでは、ゲストの安全や考え方、そして予約に至るまでの意思決定に配慮できる人は、5つ星の評価(と一生モノのつながり)がつく素晴らしい体験を提供しています。

ゲストが体験に参加するのは旅の最中でもあるので、新しい体験に対して構えたところがなく、オープンにもなっているでしょう。最近の神経学の研究では、旅をしているときは脳の神経可逆性が高まり、革新性や創造性を促すとも言われています。体験ホストは、なんとも魅惑的な時をゲストの皆さんと過ごすのですよ!

ゲストの自由で創造性に溢れた発想を活用するには、どうすればよいでしょう? まずは、ゲストのために安全で、歓迎の気持ちがこもった、オープンな場を用意しましょう。ゲストがあなたのイベントを見つけ、実際に参加して体験が完了するまでの過程で、あなたの体験全体に対してどんなアイディアや考え方、そしてニーズを持っているか、考えてみましょう。

私は、すべてのゲストを楽しませたくて、自分の持てる力の200%を注いで一人ひとりのゲストをおもてなしします。ホスピタリティを発揮することは重要です。私はいつも「一期一会」の精神を意識しています。「一期一会」とは、「一生に一度の体験やチャンス」ということ。この言葉と精神は、元々は茶道から来ており、仏教にも通じます。ホストは、一生に一度の体験のために、最善を尽くして用意を整えなくてはなりません。
– Tenshinさん、Brush and Ink (書道)」社会貢献体験ホスト

私たちは、多くのホストがフレキシブルで、ミッションを重んじ、起業家精神に根差したホスティング方針によって体験を成功させただけでなく、世界中のオープンマインドなゲストとの、価値のある一生モノのつながりを手にしたのを目の当たりにしてきました。

少し時間をかけて、リスティングを見直し、プロフィールを更新して自分のミッションを書き加えてみてください。ゲストはそれを読み、あなたの想いや体験の内容を知ることができます。体験ホストとして深い考えを持ち、ゲストの固有のニーズにどう応えようとしているのかを強調してみてください。