ゲスト情報をもっと知ることは可能ですか? また、フラグを立ててホスト仲間に公開するような機能はありませんか?

ゲスト情報について

毎回自信をもってゲストを受け入れていただくためにはどのような情報を公開すべきなのか、現在社内で検討中です。今のところ予約確定前に確認できるのは過去のレビューとプロフィール情報(出身、学歴、趣味、可能言語など)です。ホストとゲスト双方のプライバシー保護の観点から、姓は予約確定後まで非公開とさせていただいております。もし不詳のまま予約を受け入れることに抵抗がある場合は、ゲストにメッセージを送って直接確認していただいても構いません。ただ、ゲストの自宅住所については、予約に関連する情報や必須の情報とはみなされないため非公開となります。

すべてのゲストが、フルネーム、生年月日、電話番号、メールアドレス、支払い情報の入力を「予約する前に」求められます。さらにホストが希望すれば、予約する前に政府発行の身分証明書をAirbnbに提示するようゲストに求めることも可能です。このようにすることでAirbnbは、コミュニティ内での信頼性の向上に努めています。

ゲストにフラグを立てる機能

ゲストの言動を報告し、Airbnbに対処を求める機能が、これから数か月以内に拡張します。詳細は追ってご案内しますが、ホストによるゲストのレビューが、Airbnbコミュニティにとっては最大のフラグ機能ですので、その位置付けを引き続き踏襲したものになる予定です。

ゲストの言動を確認するという面では、ホストによるレビューを参考にさせていただく機会がますます増えています。高評価を得ている経験豊富なゲストに称号を与えるスーパーゲスト認定プログラムも現在準備中です。また、万が一のトラブル発生時には、ホストによるレビューをもとによくない言動があるゲストを特定し、具体的かつ厳格な警告を発し、言動に改善が見られない場合は登録を削除する措置も取ることがあります。

ホストからゲストに低いレビューが付けられるたびに、Airbnbは対処していますので、その点はご安心ください。 ここ1か月に警告を受けたゲストが数万人、予約停止処分を受けたゲストは数千人におよびますが、コミュニティの基準の遵守を全メンバーに義務づけ、ホストとゲストの安全を第一に取り組んでいるからこそです。ホストによるゲストのレビューはコミュニティ全体の信頼性を高める上ではなくてはならないものです。その認識に立ち、これからもAirbnbはホストのみなさまに代わって適切な対処を行いながら、毎予約ご満足いただける体験をお届けしてまいります。

◇◇◇

Airbnbが答えます!」は、ブライアン・チェスキーCEO兼コミュニティ最高責任者がライブでみなさまの質問に答えるホストQ&Aで、惜しくも答えきれなかった質問にAirbnbが答える新コーナーです。ホストQ&Aライブは四半期に1度の定期イベントですので、気になる質問がある方はぜひ次回投稿してみてくださいね! 日程は決まり次第、ご案内します。