EnglishEspañol中文DeutschFrançaisItalianoPortuguês日本語한국어 русский

 

現在のような未曾有の事態において、ホストとゲストのみなさまの安全はAirbnbの最優先事項です。お部屋で安全に体験を実施するためのツールをご用意することで、ホストのみなさまをお支えしていきたいと考えております。以下の清掃スタンダードは、管理している自宅や宿泊施設などにゲストを迎え入れるホストのために設計されたものです。  該当するホストには、本プログラムを順守していただく必要があります。公共の場でゲストを迎えるホストの方は、こちらをご覧ください。

Airbnbの清掃スタンダードは、専門家からのガイダンスの変更に伴って随時更新される可能性がありますのでご留意ください。本清掃スタンダードは、関連分野の専門家の方々が提供する最新のガイダンスに基づいており、ホストのみなさまとAirbnbコミュニティ全体の健康ならびに安全を最優先に考慮し作成されています。

まずは基本的なことから始めましょう。ゲストを迎え入れる前に、お部屋を清掃・除菌することが重要です。清掃と除菌には違いがあり、どちらも正しい手順で行う必要があります。

  • 清掃とは、表面の病原菌や汚れを除去することです。たとえば、洗剤液に浸したスポンジでキッチンカウンターやコンロを拭くことです。
  • 除菌とは、化学薬品を使って病原菌や細菌の数を減らすことです。たとえば、ドアノブなど接触頻度の高い表面に化学除菌剤を吹きかけることです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐヒント

  1. 必要に応じてゲストの人数を制限する 
    • 現在Airbnbでは、ゲストの人数を最大10名までに制限していますが、ホストとゲスト間およびゲスト同士の社会的距離を適切に保つため、定員をさらに減らすことが必要になる場合もあります。特に屋内で実施する体験の場合は注意が必要です。
  2. 定期的に石けんと水で20秒以上かけて手を洗う
    • 手を洗うことができない場合は、アルコール濃度60%以上の手指除菌剤を使用してください。
  3. 防護具を常に着用する
    • Airbnbはホストとゲストの双方に対して、体験の実施中に防護用のフェイスカバーを常時着用することを義務づけています。マスクやフェイスカバーに関しては、地域の規制当局によるガイダンスをご確認ください。また、お部屋に入る前に、使い捨て手袋やエプロン、ガウンといった防護具を着用することもご検討ください。

 

効果的な清掃・除菌のヒント

  1. 適切な清掃用品を購入する
    • 除菌剤や殺菌剤は、政府の化学物質規制機関(環境保護庁や欧州化学物質庁など)に登録されているもののみを使用することをおすすめします。
  2. 化学洗浄剤の安全ガイドラインを確認する
    • 製品のラベルを必ず読んで、有効成分や正しい使い方を理解しておくようにしましょう。製品に記載されているラベルや安全データシートの読み方については、労働安全衛生管理局のウェブサイトをご覧ください。
  3. 清掃前にお部屋の換気をする 
    • 米国疾病予防管理センター(CDC)では、清掃と除菌を開始する前に外に面するドアと窓を開け、換気扇を使用して室内の空気循環をよくすることを奨励しています。
  4. 清掃前に家電製品のプラグを抜く
    • ご自身と設備を保護するため、清掃前に家電製品のプラグをコンセントから必ず抜いてください。プラグが差し込まれたままだと、電源が「オフ」になっていても電気に接続した状態となります。また、ブレーカーを落として電源を切る方法もあります。

 

体験のホスティングを再開する前と、体験を実施してから次の回までの間に、体験で使用するあらゆるスペースに対して以下の手順を遂行してください

 

清掃手順:

  • ごみをすべて取り出す 
      • この手順から始めれば、汚染されたごみで清掃後のお部屋が汚れるのを防げます。すべてのごみ箱にごみ袋を必ず付けてください。ティッシュなどのごみを処分しやすくなります。
  • お部屋のほこりを払い、床を掃くか掃除機をかける
      • 上から下に向かってほこりを払い、目に見える汚れがないようにします。硬い表面の床をすべて掃き、カーペットに掃除機をかけてください。
  • 洗剤と水を使い、ゲストが触れる可能性のある硬い表面をすべて清掃する
      • 各表面を拭いて汚れや油汚れ、ほこり、病原菌などを除去します。硬い表面には、カウンターの天板やテーブル、流し台、戸棚、床などがあります。モップがけの際は、部屋の奥の隅から入口に向かって進め、まだ未清掃の流し台で汚れた水を捨ててください。

除菌手順:

  • 硬い表面の清掃後に除菌剤を吹きかける 
      • お部屋で頻繁に触れるすべての表面(ドアノブや照明スイッチなど)と、汚れたリネン類が触れた可能性のある表面(床など)を除菌することに重点を置きます。電化製品を除菌する場合は、必ずメーカー推奨の清掃手順に従ってください。
  • 指定の一定時間、除菌剤を塗布したままにする
      • 製品ラベルには、化学薬品が表面を効果的に除菌するのに必要な放置時間が明記されています。一定の時間塗布したままにすることで、できるだけ多くの病原菌を殺すことができます。
  • 自然乾燥させる
      • 指定の放置時間が終わる前に表面が乾いてしまうと、製品ラベルに記載された病原菌を殺すことができない可能性があります。可能な限り、表面は自然乾燥させてください。

 

最終手順:

  • 清掃用品を廃棄するか、洗浄する
      • 殺菌用ワイプなど、使い捨てのものは処分します。清掃クロスは、素材に適した最も高い温度設定で洗ってください。
  • 清掃のたびに掃除機にたまったごみを空にし、掃除機を除菌する
      • ほかに使用した清掃道具も必ず除菌します。
  • 清掃が完了したら、清掃中に使用した防護具を安全に外す
      • 使用ガイドラインに従って防護具を廃棄または洗浄します。
  • 石けんと水で20秒以上かけて手を洗う
      • 手を洗うことができない場合は、アルコール濃度60%以上の手指除菌剤を使用してください。
  • ゲスト用の清掃用品を整える
      • 使い捨てのペーパータオルや手袋、除菌用のスプレーやワイプ、手指除菌剤、予備のハンドソープなど、ゲストが使用できる清掃用品を準備して、ゲスト自身も清掃・除菌を行えるようにしましょう。
  • 各部屋を目で見て点検し、次のゲストの迎え入れ準備ができていることを確認する
      • 初めてお部屋に入るゲストの身になって点検しましょう。
  • ホスト用の清掃用品を補充する
      • 次回の体験に備えるため、使用している清掃用品の有効期限を確認し、必要に応じて補充します。

安全上の注意

  1. 推奨される防護具を着用していない場合は入室しないでください。汚れた防護具は再利用しないでください。安全に関するラベルを必ずすべて読み、化学洗浄剤の適切な用法を理解するようにしてください。
  2. 化学製品は常に、子どもの手の届かないところに保管してください。
  3. 安全に関するラベルを必ずすべて読み、化学洗浄剤を適切に使用するようにしてください。
  4. 病原菌が広がるのを防ぐため、清掃中は顔に触れないでください。

 

お部屋のカスタマイズ

一部の体験では、自宅の特定のお部屋を使用することもあると思います。自宅でゲストが入る可能性のある特定のお部屋に関する詳細な清掃ガイドは、こちらをご覧ください。こちらの清掃ガイドには、お部屋の適切な準備に関するチェックリストと詳細なガイダンスが記載されています。また、感染リスクを減らすため、自宅でゲストが入れるエリアを制限することもご検討ください。

新型コロナウイルス関連の清掃スタンダードに関する最新のガイドラインについては、CDCのウェブサイトをご確認ください加えて、各地域の自治体や衛生当局から出されている清掃ガイダンスも必ず確認し、従うようにしてください。