English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский  Português  Nederlands

Airbnbの体験ホストのほとんどが、Airbnbの体験補償保険(EPI)プログラムを通じて損害補償保険に加入しています。

EPIは、体験ホストに対して第1次賠償責任補償を提供します。万一、ゲストが体験中に怪我をしたり、ゲストの携行品に損害が生じても、このプログラムに加入していれば、体験1回につき最大100万USドル(または同等額の現地通貨)の賠償請求が保証されます。

そうはいっても、最善の対策はやはり事故を未然に防ぐこと。講じうる一般的な安全対策をいくつかご紹介します。

  • 起こりうるリスクについて、事前にゲストにすべて伝える
  • 困った事態に陥ったら迷わず申し出る
  • 適切な安全装備を使用する
  • 体験の説明文やゲストへのメッセージ、当日の対面時など、安全策について定期的に伝える

EPIで補償される状況の例:

  • 街中を自転車で走行中、ゲストが自転車から転落し手首を骨折。体験ホストに怪我への補償を求めてきた
  • 料理教室に参加したゲストが、誤って油に引火させて火災が発生、スプリンクラーが作動して鎮火。ホストが体験用に借りたレストランの一部が火炎と水により損傷。建物のサードパーティーオーナーが、体験ホストに損傷への補償を求めてきた

EPIの補償対象とならない例:

  • 事故ではなく故意の行為による損害
  • 中傷または口頭による名誉棄損に対する告発
  • 航空機または自動車による事故、体験への往路及び帰途における車両の衝突を含む
  • 体験ホストの資産の損害、体験ホストまたはその従業員の怪我
  • アルコール摂取を伴う怪我または損害

個別の状況に関するご質問は、保険中立人または代理店に個別の保健ニーズについて問い合わせることをお勧めします。この保険プログラムの詳細は、体験補償保険(EPI)のページをご参照ください。