English中文DeutschEspañolFrançais 한국어Portuguêsру́сскийNederlands

ホスティングでは、ゲストのぶんまでAirbnbの変化を把握しておくことが重要です。ご予約の際にゲストのみなさまに表示されるメッセージ、キャンセル時の返金規約が若干改正されましたので、以下にご案内します。

    • ゲスト側の変更点は?

キャンセルポリシーの名称自体は従来の「柔軟、普通、厳格」のまま据え置きですので、設定したポリシーの名称がそのままゲストに表示されます。ただ、ゲストが予約する際に規約と返金適用期限日がもっと詳しく表示されるようになりました。また、従来のポリシーでは返金不可だったAirbnbゲストサービス料も、年間3回まで返金可能になります。つまりこれからは全額適用の期限内にゲストがキャンセルすると、ゲストサービス料を含めた正真正銘の全額が返金されます。

    • ホストへの影響は?

ゲストに詳細を表示すれば、キャンセルポリシーをめぐる行き違いが減り、引いては予約の増加が図れます。特に「柔軟」のポリシーのリスティングでは予約増加が期待できそうです。返金が適用される期限、ホストのみなさまの受取金額、ホストサービス料には何らの影響もありません。

    • なぜ変更?

フィードバックと調査を通して、ゲストのみなさまが予約先のリスティングのキャンセルポリシーをうっかり見落としてしまうケースが割と多いことがわかっています。旅行のスケジュールが途中で万一変更になった場合、それが誤解と混乱のもとにもなっていました。今回の変更で解説を補うのは、毎回ゲストとホスト双方が認識の統一を図ってから予約に臨めるようにするためです。

これからもAirbnbはみなさまのホスティングの発展を応援していきます。メンバー同士の情報交換にはコミュニティセンターをご活用ください。またAirbnbのポリシーの詳しい情報はヘルプセンターでぜひご覧ください。では、ハッピーホスティング!