EnglishEspañol中文DeutschFrançaisItalianoPortuguês日本語한국어 русский

 

世界各地で新型コロナウイルスによる外出規制が緩和される中、体験を再開するにあたり、お互いの健康と安全を守るためには私たち全員が責任ある行動を取ることが重要です。それを踏まえて、世界保健機関および米国疾病予防管理センターが公表しているガイダンスに基づき、ホストとゲストのためのガイドラインを以下にまとめました。

 

ホストのみなさまに求められる新型コロナウイルスの安全対策

ホストのみなさまは、以下の要件に必ずご同意ください。

  • 直接対面による交流の際は、マスクまたはフェイスカバーを着用する
  • ほかの人との間に常に2メートル以上の距離を確保する
    • ゲストとの直接的な接触(ハグや握手など)を行わない 
    • ホストまたは補助ホストを含めた体験の参加人数を最大10人に制限する 
    • 体験実施中およびその前後に、Airbnbの清掃スタンダードに従って体験実施場所および道具・設備を清掃する
  • 飲食を伴う体験の場合、(一時的にマスクを取り外して)食べ物や飲み物を口にする際には、参加者が必ず2メートル以上の距離を保つ

Airbnbの要件に加え、ホストのみなさまには政府および地方自治体のすべてのガイドラインにも従っていただくようお願いいたします。地域の規制とAirbnbの要件との間に相違がある場合、または一方が他方よりも厳しい場合、みなさまには、地域の規制またはAirbnbの要件のどちらかに関わらず、より厳しい方の要件に従っていただく責任があります。

これらの要件に繰り返し違反したとAirbnbが判断する場合、当該ホストの体験はプラットフォームから削除されますのでご注意ください。

 

ゲストにお願いしていること

Airbnbは、体験に参加するゲストにもガイドラインを提供しています。あらゆる体験の実施中において、ゲストはマスクを着用する必要があります。また、手を洗うこと、手指用除菌剤を各自用意すること、ホストやほかのゲストとの間に安全な身体的距離を保つこと、体調不良の場合は予約をキャンセルして外出しないこともゲストにお願いしています。

フェイスカバーまたはマスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など、ホストのみなさまには体験を実施している間、安全に関するガイドラインの要件順守を徹底していただく責任があります。ゲストが持ち合わせていない場合に備えて、予備のマスクと手指用除菌剤をご用意ください。ゲストが安全上の要件に従うことを拒否した場合、ホストは当該ゲストに体験からの退席を求めることができます。

Airbnbの安全ガイドラインに従ったホスティングに向けて準備を進める際は、ゲスト返金ポリシーも併せてご確認ください。ホストが安全ガイドラインを順守していない場合や、すべての参加ゲストに対してその順守を徹底していない場合、ゲストは返金ポリシーに従って返金を受けることができます。あらかじめご留意ください。

 

新型コロナウイルスの感染拡大下における、ホスティングに関するその他のガイダンス

Airbnbは健康と安全上の懸念事項に対処できるよう、ガイドラインやプログラムを導入していますが、これらの対策ですべてのリスクを排除することはできません。特に、ハイリスク群(例:65歳以上の高齢者、糖尿病や心臓病などの持病がある方)にご自身が該当する場合は、Airbnbで体験をホスティングするかどうかをお決めになる前に専門家の助言を仰ぎ、慎重にご判断いただくことをおすすめします。

最近新型コロナウイルスに感染した人との接触があった場合や感染症状がある場合は、旅行またはホスティングを中止してください。

コミュニティの健康と安全を守るため、Airbnbでは、次のいずれかに該当する場合、ホスト(および補助ホスト)は今後予定されている体験をホスティングしたり、体験に参加したりできないこと、またゲストも体験に参加できないことをポリシーとして定めています。

  • 現在新型コロナウイルスに感染している、または過去30日以内に検査で陽性が確認された
  • 新型コロナウイルス感染症にかかっている疑いがある、または同ウイルスにさらされた可能性があり、感染の有無を診断する検査結果を待っている
  • 新型コロナウイルスの感染症状が出ている、または感染した可能性を懸念している
  • 過去14日以内に新型コロナウイルスの感染が確認された、または感染の疑いがあった個人と長時間、密接に接触した*

体験内容を調整する

健康・安全に関する要件を順守していただくには、体験内容や実施場所を調整する必要があるかもしれません。ご検討いただきたいポイントは以下のとおりです。

  • 身体的な接触:ゲスト同士やホストとゲストが接触せずに済むよう、活動内容を変更しましょう。
  • 衛生:体験実施中はゲストに手を洗う機会を提供し、予備の手指用除菌剤を準備しておきましょう。体験実施中およびその前後には、先のゲストが使った器具・設備(調理器具、救命胴衣、椅子など)をほかのゲストが使う前に除菌してください。さらに詳しく
  • 実施場所:
    • 屋内での体験の場合、ご自宅内でゲストが入れる範囲を必要なお部屋のみに制限することをおすすめします。そうすることで、ホストとゲストがウイルスにさらされるリスクを抑え、体験実施後に清掃・除菌が必要な箇所を減らすことができます。
    • 体験の実施場所を屋外に変えることをご検討ください。屋外のほうが、屋内で行うよりも感染リスクが低くなります。
    • 人混みを避けるため、集合場所や訪問地を変更しましょう。混雑する時間帯を避け、ゲストとの身体的距離を保って移動できる方法を考えてください。
    • 公共スペース(観光名所、公園、中心街など)を訪れる場合は、予約を受ける際と体験実施前の両方に、地域の注意・勧告や公衆衛生の推奨事項を必ず確認し、それらに従いましょう。また、感染リスクを抑えるため、長時間同じ場所にいることは避け、頻繁に移動することをおすすめします。
  • 飲食:可能な限り屋外で行うか、持ち帰りができるようにして、感染リスクを減らしましょう。さらに詳しく
  • 換気:空気を入れ換えるため、窓はできるだけ開けたままにしましょう。

体験ページを更新する際は、Airbnbのコンテンツポリシーと新型コロナウイルスの感染拡大状況にご配慮ください。徹底した予防措置を講じているとは言えても、「新型コロナウイルスに感染しない」体験だと断言したり、それに類似した表現を使用したりすることはできません

 

ご自身またはゲストが新型コロナウイルスの検査で陽性と診断された場合

  • 最近行った新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたか、新型コロナウイルスの症状が出はじめた場合、こちらからAirbnbにご連絡いただき、陽性と診断された日付と症状が出はじめた日付をお知らせください。
  • 体験に参加したゲストから連絡があり、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたか、陽性と診断された個人と接触があったことを告げられた場合は、こちらからAirbnbまでご連絡いただくようお伝えください。