English — Español — 中文 — Français — Italiano —日本語

人があまり訪れない場所で体験を実施するホストは、明確なコミュニケーションと入念な準備を心がけることで、より安全でより楽しい体験を提供できます。Airbnbは、アドベンチャーツーリズム業界をけん引するアドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)と連携し、野外活動を伴う体験のホスト向けに推奨される実践例を紹介しています。

1. 期待の行き違いを防ぐ 

どれほど素晴らしいホストであっても、体験の内容が参加予定のゲストに適していることを確認する必要があります。健康状態や体力などに関する要件については、体験の説明文に明記しておくことをおすすめします。また、所要時間や運動強度、スキルレベルなどの情報も伝えておくとよいでしょ。実施する活動の運動強度やスキルレベルの考え方については、本記事の最後に紹介している追加リソースをご覧ください。

2. 体験の前にゲストとコミュニケーションを取る 

予約が入ったら、ゲストに質問される前に懸念事項に対処しておくようにしましょう。予約確定後にメッセージを送信する際、実施する活動内容によっては言及するとよい質問やポイントをいくつか以下にまとめました。

  • 遭遇する可能性のあるさまざまな状況(気温の範囲、発生しうる気象、地形など)を説明する
  • どの程度の運動量を行うかを説明し、参加に影響する可能性がある健康上の懸念(食物アレルギーや心臓疾患など)について尋ねる
  • ゲストのスキルレベルまたは能力に応じて、どのような変更が可能か(または変更を検討できるか)を必ず明確にしましょう。
  • 体験に含まれるものやホストが提供するもの(食料、軽食、水、専門用具など)を説明する 
  • 必要な持ち物のリストを事前に知らせる(適切な服装、重ね着用の服、帽子、サングラス、日焼け止め、ヘッドランプなどの器具、虫除け、その他必要になりえる特別な備品など)
  • 携帯電話の電波が届く範囲や場所を共有する
  • いつどこでトイレ設備を使えるかを共有する 
  • 体験に変更が生じた場合は、ゲストに最新情報を知らせる(集合場所、移動手段など) 

今回初めて体験に参加するゲストや、実施する活動に初めて挑戦するゲストもいるかもしれませんので、安全に体験を楽しむためには、しっかりコミュニケーションをとることが不可欠です。

3. 体験開始前に実施内容を説明する

よい体験にするため、実際の活動を開始する前に実施内容をゲストに明確に説明し、質問を受ける機会を設けましょう。このタイミングで、体験中に必要な食料、水、器具がすべて揃っていることも確認しておきましょう。ゲストのニーズを予測しておくことで、よりよい体験を提供できます。

4. 安全対策には真剣に取り組む

入念に準備をすることで、体験中に発生する安全上の問題を防ぐことができます。以下の推奨される実践例を参考に準備を進めましょう。

  • 怪我を負ったゲストの状態を安定させるための、幅広い用途に対応した応急処置キットを携行し、使い方を知っておく 
  • ゲスト全員が理解できるわかりやすい旅程表と計画を必ず準備する
  • ゲストが迷子になった場合や怪我を負った場合の対処方法について、具体的な情報を共有する
  • 料理をつくる場合は清潔な環境を維持する
  • 体験を実施するルートを熟知し、計画したルートを利用できない場合に備えて、代替プランを用意しておく
  • すべての器具(ホストの器具およびゲストが持参する器具)が清潔で濡れておらず、状態が良好で各ゲストにフィットしていることを再確認する
  • 常にゲストの健康状態と安全を確認し、ニーズに対処する

5. 緊急時の行動計画を作成する 

不測の事態が起こった場合に備え、実践したことのある緊急時の行動計画を作成し、ゲストを避難させる手段を用意しておく必要があります。体験の実施場所が医療機関から1時間以上離れている場合は、CPR認定に加え、ウィルダネスファーストレスポンダー(WFR)またはウィルダネスアドバンスファーストエイド(WAFA)の認定を取得しておくことが推奨されます。

体験に参加するゲストとホスト全員が、自然災害やその他の緊急事態が発生した場合に備え、緊急時の計画を立てておくことをおすすめします。緊急時の計画の作成について詳しくはこちらをご覧ください。

緊急事態、天候、または安全上の問題により体験をキャンセルする必要がある場合、ペナルティは適用されません。

6. コミュニティのことを念頭に置く

体験ホストの活動は、地域の環境やコミュニティに貢献する絶好の機会でもあります。そのひとつの方法としては、体験の活動に関連する地域の規則やマナーをゲストと共有することがあげられます。また、廃棄物の削減、リサイクル、地域住民への恩返しをすることで、環境に配慮することもできます。

より具体的なヒントや運動量・スキルレベルの考え方について情報を提供するため、アドベンチャー・トラベル・トレード協会では、安全なアウトドア体験の評価とホスティングに役立つ推奨事項を活動ごとにまとめています。

安全なオフロード体験をホスティングするためのヒント 

安全なキャンプ体験をホスティングするためのヒント

安全なカヌー体験をホスティングするためのヒント

安全なダイビング体験をホスティングするためのヒント

安全なハンググライダー/パラグライダー体験をホスティングするためのヒント

安全な乗馬体験をホスティングするためのヒント

安全なカヤック体験をホスティングするためのヒント

安全な登山体験をホスティングするためのヒント

安全な海洋体験をホスティングするためのヒント

安全な陸路の探検体験をホスティングするためのヒント

安全なパドルボード体験をホスティングするためのヒント

安全なラフティング体験をホスティングするためのヒント

安全なロッククライミング体験をホスティングするためのヒント

安全なローイング(ボート漕ぎ)体験をホスティングするためのヒント

安全なセーリング体験をホスティングするためのヒント

安全なスキー体験をホスティングするためのヒント

安全なそり滑り体験をホスティングするためのヒント

安全なスノーボード体験をホスティングするためのヒント

安全なスノーモービル体験をホスティングするためのヒント

安全なサーフィン体験を提供するためのヒント

安全なトレッキング体験を提供するためのヒント

高地で安全な体験を提供するためのヒント

パートナー免責事項

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA):アドベンチャー・トラベル・トレード協会の提供。©2021 アドベンチャー・トラベル・トレード協会。無断複写・転載を禁じます。

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)の名前およびロゴは、許可を得て使用されており、明示あるいは黙示を問わず、いかなる製品、サービス、人物、企業、意見、政治的立場を支持、または審査するものではありません。ATTAは、Airbnbの体験やホストの選定も承認も行わず、そのプロセスに関与することもありません。アドベンチャー・トラベル・トレード協会について詳しくは、adventuretravel.bizをご覧ください。