English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский  Português  Nederlands

体験掲載中の方ならよくご存知のように、いつも新しいゲストからの予約でいっぱいのスケジュールを確保するのは結構大変です。ゲストが飛びつくクオリティの高い体験を提供することも大事なポイントですが、それは数ある必須要素のひとつに過ぎません。地元でPRを進め、お互いにPRし合うホストも多い中、Airbnbが裏方でどんな集客努力をしているのか気になっている方もいるのではないでしょうか。そこで体験の認知向上と予約率向上のためにAirbnbが今年推進している取り組みを一部ご紹介したいと思います!

世界中で対象拡大Airbnbは今、記録的スピードで体験対象エリア拡大を進めており、年内には1,000地域を突破する予定です。つまりどういうことかというと、新拠点に進出するたびに体験の露出が高まるということになります。Airbnbが体験の対象エリアとPRを進めることで得られる効果には、たとえば次のようなものがあります。

  • 新エリアに国内外のメディアから注目が集まり、Airbnbも世界に向けてニュースを発信しやすくなります。
  • 体験進出先の地元にも認知が広まり、旅行中に予約を検討してくれる人が増えます!

既存ゲストにPR

Airbnbの宿泊利用件数は延べ3億件の大台を突破し、右肩上がりの成長を続けています。このような既存ゲストに体験を紹介するさまざまな方法を体験チームでは現在検討中です。

10年前には今のAirbnbになるなんて夢にも思っていませんでした。そもそも見ず知らずの人の家に泊まるという発想自体が当時はあり得なさ過ぎて誰にも相手にされなかったんです。それが今や毎晩数百万人もの人たちがその絶対あり得ないと思われたことをしています。しかし私たちはこれで慢心することなくこれからもAirbnbコミュニティの支援と拡大を続け、次の10年でAirbnbのマジカルな旅の利用人口年間10万人達成を目標にがんばっていく所存です。

ブライアン・チェスキー、Airbnb共同創業者、CEO兼コミュニティ担当最高責任者

宿泊予約のゲストに滞在中の体験も同時に予約できることを広めるために何ができるのか。それを探るため担当チームではAirbnbの宿泊予約でゲストが辿るデジタルの手続きをすべて調べ、要所要所で体験をPRする方法を考えてみました。

まず担当チームの概要を少々ご紹介します。Airfbnb体験チームは実験に重きを置いており、「試して学ぶ」がモットーです。2017年には当社のプラットフォーム上に異なるページを用意して成果を確かめるA/Bテストや「実験」を2,500回以上行いました。その結果をもとに、ホストとゲストのためになる機能を順次導入しています。たとえばこちらは特定のゲストが宿泊予約すると、滞在中に「やること」が表示されるという実験のサンプルです。スクリーンショットで赤で囲まれた部分が実験部分。ご覧のように体験カテゴリと当該ゲストが予約しそうな体験を選んで紹介しています。  

類似の実験的な機能はモバイルアプリでも試験導入しました。Airbnbで最近宿泊予約したゲストがAirbnbアプリを開くと、さまざまな体験が表示されるというものです。ゲストからの反響は絶大でした!Airbnbのウェブサイトで最近宿泊予約したゲストに体験を表示してみたところ、予約数は確実に増えました。実験中に気づいたもうひとつの傾向は、体験を知り合いにシェアするゲストが結構いるということです。

ゲストが滞在中に「できること」をすすめる際には、各ゲストの現在地やチェックイン時間、チェックアウト時間などさまざまな要素を総合的に評価しながら、好みや状況に合わせて関連度の高い体験を紹介するようにしています。この推奨機能は現在も常時改善を重ねています。

ホストのヒント:おすすめに表示を確保するためには実施日時をしっかり入れましょう。予約受付中の日時が多いほど、ゲストの検索結果や試験運用中のコーナーに表示される回数は増えます。詳しくは予約を増やすための3つの簡単ステップをご覧ください。

予約を簡単にする

担当チームではプラットフォームの成果を注意深く観測しており、特にゲストがスムーズに体験を予約できよう最新の注意を払っています。予約が簡単であれば簡単であるほど、ゲストが予約確定まで辿り着く確率は高まるからです。そのため支払い完了までのステップを減らす実験も最近行いました。これまでは3ページ分クリックしないと体験は予約できませんでしたが、今は1ページですべての支払い手続きを完了できる仕様になっています。ほかにも今年はさまざまな取り組みを進めています。新機能はほぼすべて実験に基づくものです。実験を行うことで事前に影響を把握し、安全かつ慎重に機能を導入するようにしています。

クリエイティブな提携Blue Apron Airbnb ExperiencesAirbnbではマーケティングチームもまた、ホストのクチコミ拡散に独自のアプローチを展開中です。先日も体験をPRする層を拡大するため、米国内最大の食材宅配サービスの「Blue Apron」と提携し、同社料理専門チームがAirbnb体験ホストと共同で新レシピと食材の宅配を進めることになりました。お料理の作り方を美しいデザインのレシピカードにまとめ、必要な全食材に同梱しますので、ホストとその体験、ひいてはAirbnb体験サービス全体の紹介になります。

Airbnbと提携できたことを大変うれしく思います。世界中の食文化に刺激を与えるご当地料理のレシピをお客様に教えるのが弊社の主力サービスです。そこにAirbnbのローカル体験の専門知識を活かしていけるユニークな機会に恵まれ楽しみです。 – Christine Fuさん、Blue Apron提携担当責任者

今後もホストのみなさまの成功を応援し、世界中のゲストに居場所をつくる取り組みを続けながら、社内の情報と取り組みを随時ご報告していきますので、どうぞお楽しみに。AirbnbはみなさまあってのAirbnbですので、ご意見ご感想は常時大歓迎です。こちらが窓口です!