Airbnbでは通算6000万人を超えるゲストのみなさまが安全で快適な旅を体験してきました。 これも当社が開発した信頼&安全対策プログラムの賜物と自負しておりますが、社内では現状に甘んじることなく日々改善に励んでいます。今年1月には米国内ホストを対象に最高$1,000,000ドルまで補償する損害賠償保険「ホスト補償保険」プログラムを開始しましたが、この適用範囲が本日より世界16か国に一挙に拡大します!

[対象国]
オーストラリア
カナダ
中国
フランス
ドイツ
インド
アイルランド
イタリア
日本
オランダ
ニュージーランド
ポルトガル
シンガポール
スペイン
イギリス
アメリカ

世界全域でなんと100万人近いホストのみなさまにホスト補償保険プログラムが適用されます。もちろん残りの国々にも拡大する方向で準備中です。

この規模拡大に伴いプログラムも見直し、第二次保険としてではなく第一次保険として適用が可能になりました。これからはほかの保険をおもちかどうかに関わりなく、ホストの方ならどなたでもご利用いただけます。

「これはまさにホスト待望のプログラムです」と喜びを語るのは、Airbnbプロダクト部門総括のJonathan Goldenです。「2011年に始めた『ホスト保証』を皮切りに、当社はホストのみなさまに安心をお届けするサービスのイノベーションでめざましい成果を挙げてきました。これはその最新のステップ。ここ1年ずっと海外展開の準備に追われてきたので、こうして世界100万人弱のホストのみなさまに提供できる日を迎えられて本当に感無量です」

ホスト補償保険プログラムは、保険業界とAirbnbがタッグを組むという画期的コラボレーションです。補償の部分は、世界に名高い保険引受組織「ロイズ・オブ・ロンドン」加盟保険会社と業務提携でお届けしております。

具体的にどういう保険かと申しますと…ゲストがリスティングの内部や周辺エリアで偶然けがをした場合には、ホストに補償が出るというものです。場合によっては家主にも出ます。さらに、リスティング周辺エリアでゲストが原因の破損が起こった場合にも、このホスト補償保険で補償が出ます。これはたとえばリスティング内の水漏れで隣のアパートに被害が及んだ、というようなケース。気になる補償額ですが、これは適用国すべて一律で最高$1,000,000 USDです。

ホスト補償保険の適用対象国にお住まいのホストの方には、プログラムの詳しいご案内がメールで届くはずです。保険加入手続きは特に必要ありません。もう本日より適用開始となっています。詳しい情報はこちらをご参照ください: ja.airbnb.com/host-protection-insurance

ホスト補償保険プログラム以外にも、Airbnbはホストと地域住民のみなさまをお守りするためにさまざまな取組みを行っております。万が一の物件破損のときには、最大補償¥100,000,000の「ホスト保証」で修理・交換費用などが回収できます。最近では、世界中のホストが手軽に煙・一酸化炭素検知器を取り寄せて住宅の安全対策ができる「ホーム・セーフティー」プログラムも新たに立ち上げました。ホストのご近所への気配りや「ホストの責任」のガイドラインも策定し、米国ではAirbnbに関する近隣住民のみなさまからのご質問や苦情にお答えするホットラインも開設しました。こちらも他国展開へ向けて準備中です。

ホスト補償保険プログラムおよびAirbnb信頼&安全プログラムについてご不明な点がおありの場合は、ja.airbnb.com/trustをご参照になるか、当社までお問い合わせください。