English — Español — 中文 — Français — Italiano —日本語

Airbnbでは、Adventure Travel Trade Association(ATTA)からのアドバイスのもと、安全なカヤック体験をホスティングするためのヒントをまとめました。こちらでは推奨される実践例を紹介していますが、実際の活動はホスト自身がエキスパートとして案内する必要があります。素晴らしいホストとして、すべての人たちの安全を守るためにできることを常に検討しましょう。

必要なスキルレベルを正しく説明する

安全に体験を楽しむために、健康状態や体力などに関する要件がある場合は、体験の説明文にその旨を明記してください。これには、所要時間、運動量、必要な体力やスキルレベルなどの情報が含まれます。

以下に、カヤック体験に必要なスキルレベルをゲストに伝える際に役立つATTA提供の指針をご紹介します。

ツーリング 

  • 初級:保護された水域での静水カヤック(ビューフォート風力階級2以下)。風と波はごくわずかです。カヤック入門編であり、必要なスキルは特にありません。沈脱の方法(転覆したカヤックから脱出する方法)と基本的な安全手順をゲストに紹介する必要があります。
  • 中級:風と波が適度にある、囲まれた水路でのカヤック(ビューフォート風力階級3以下)。周囲に危険がある場合は、ホストが調整します(岩場や沿岸を通過する際に特定のルートを選ぶなど)。ゲストには、カヤックを操縦してバランスをとる能力がある程度必要です。
  • 上級:ゲストには、バランスと安定性を維持するスキルが必要です(ビューフォート風力階級4以下)。さまざまなコンディションでカヤックを操縦、推進するための、相当な持久力と技術がゲストに求められる場合があります。カヤックロール(座席に座ったまま転覆したカヤックを元に戻す)のスキルを有していることが望まれます。

河川

  • 初級:ゲストは、幅が広く、流れがわかりやすい簡単な早瀬を進む 心の準備が必要です(クラス2以下)。ときおり操縦が必要となる可能性がありますが、基本的な操縦により岩や中程度の波を容易に避けることができます。沈脱の方法と基本的な安全手順を学びます。カヤックが転覆して泳がなくてはならない可能性もありますが、一般的に危険度の低い川であり、泳いで怪我をすることはまずありません。
  • 中級:ゲストは、避けることが困難な、中程度の不規則な波を伴う早瀬を進む心の準備が必要です(クラス2~3)。多くの場合、カヤックのコントロール力を要する急流である程度操縦することが必要になります。波やストレーナー(障害物)に遭遇することがありうるものの、避けるのは容易です。ゲストには、カヤックを操縦してバランスをとる能力がある程度必要です。
  • 上級:ゲストは、強力でありながら予測可能な早瀬を進むために、荒れた水域で正確に操縦する技術が必要です(クラス4)。避けられない大きな波や穴、または切迫した状況で素早い操縦が必要となる狭い水路に遭遇する可能性があります。早瀬では、「必須の」操縦を要する危険な場面に直面することがあります。ゲストは、クラス3~4での操縦に慣れている必要があります。

ゲストと頻繁にコミュニケーションを取る

体験の予約が入ったら、Airbnbのメッセージシステムを使って自己紹介をし、歓迎の気持ちを伝え、準備を整えられるよう手助けしましょう。参加に影響する可能性のある健康上の懸念がないか、ゲストに確認してください (食物アレルギーから心臓疾患まで、さまざまな懸念事項が考えられます)。ゲストのニーズに対応するためにどのような変更が可能か(または変更を検討できるか)を必ず明確に伝えましょう。わからないことがあれば何でも聞いてくださいと、ゲストに伝えておきましょう。

ホストは、ゲストがいつでも気軽に質問できるような雰囲気にする必要があります。一般的な懸念事項(体験中のトイレの使用、ほかのゲストとの交流に関するルールなど)について尋ねられることを想定しておきましょう。必要な持ち物のリストも事前にゲストに送付してください。カヤック体験の場合、重ね着用の服、着替え、適切な靴、帽子、サングラス(ストラップ付き)、日焼け止めが必要な持ち物として考えられます。懸念事項には直ちに対処し、体験中いつでも上記やその他の質問に対応できるようにしましょう。

ホストは、根気強く、親身になって相手の話を聞き、ゲストの立場に立って考えることが大切です。たとえば、食事や軽食、水の提供があるか、水筒を持参する必要があるか、どのようなトイレ設備を使えるかなど、実際の体験中に関することを尋ねられるかもしれません。以上の懸念事項は、ゲストに質問される前に説明するようにしましょう。ホスト自身にとっては些細なことであっても、ゲストにとっては苦難であったり、不安を抱く要素であったりすることもあります。安全で楽しい体験を提供するには、しっかりとコミュニケーションを取ることが不可欠です。

地域の規制に従い、天気予報を確認する

現地の情報に精通し、カヤック体験の実施が許可されているかどうか、いつ実施できるかを把握しておくとともに、該当地域に適用される規則や規制について知っておく必要があります。コンディションを予測できるように天気予報を必ず確認し、実施場所を熟知しておいてください。

体験開始前にブリーフィングを行う

当日体験を始める前に、実施内容をゲストによく説明してください。このタイミングで、体験中に必要な食料、水、用具がすべてそろっていることを確認しておきましょう。

中には不安を感じているゲストがいる可能性もあり、地元の人よりも必要なものがあるかもしれません。このようなニーズを予測しておけば、より優れた体験を提供できます。

適切な用具を提供する

ゲストに用具を提供する場合は、良好な状態であること、清潔で乾燥していること、各ゲストにしっかりフィットすることを確かめましょう。カヤックツーリングの場合、密閉性のあるハッチや浮力体を使用し、カヤックが沈まないようにする必要がありす。ゲストが難なく操縦できるよう、ラダー付きカヤックを提供することを検討しましょう。ゲストが自分の用具(ライフジャケットなど)を持参した場合は、提供する体験に適していること、しっかりフィットすること、状態が良好であることを確認してください。

その他、以下の重要事項も考慮してください。

  • ライフジャケットはすべて、パドルスポーツに適したものでなければなりません。現地当局(米国沿岸警備隊、州のボート・船舶安全当局など)により、ライフジャケットに関する特定の認定または許認可が義務付けられている場合があります。たとえば米国では、承認済みのタイプ3またはタイプ5のライフジャケットがパドルスポーツに適しているとされています。身体に密着することが非常に重要であるため、すべてのライフジャケットが適したサイズであり、ぴったりフィットすることを確かめた上で、バックルがすべてきちんと留められていること、外れそうになっていないことを確認してください。
  • ゲスト用に清潔で乾いた袋を用意し、食料と清潔な飲料水を十分確保しておきましょう。
  • 中級以上の体験で救助が必要となった場合に備え、各ホスト/補助ホストに牽引ロープとナイフを用意する必要があります。
  • 移動に使用する車両およびトレーラーは、安全、清潔できちんと整備されており、体験実施地域の全規制を遵守している必要があります。

また、ゲストが怪我した場合に備えて、ゲストの状態を安定させ、安全に避難させるための充実した応急処置キットを携行し、使い方を知っておく必要があります。

適切な条件を選び、予期せぬ事態に備える

気温、水温、風、雨など、遭遇する可能性のあるさまざまな気象状況についてゲストに説明してください。こうした気象状況に加え、直面する可能性のある予期せぬ事態に備える最善策をゲストに伝えておきましょう。

緊急事態、天候、または安全上の問題により体験をキャンセルする必要がある場合、ペナルティは適用されません。詳しくは、体験のキャンセルポリシーについての記事をご覧ください。

緊急時の行動計画を立てる 

ゲスト全員が理解できるわかりやすい旅程表と計画を必ず準備してください。これには、ゲストがはぐれた場合や怪我を負った場合の対処方法を具体的に記載する必要があります。

ホストは、ゲストに危険について警告し、急流での正しい泳ぎ方を指導し、指示に従うよう促すことで、屋外の体験で発生しがちな安全上の問題を防ぐことができます。

不測の事態が起こった場合に備え、実践したことのある緊急時の行動計画を立て、ゲストを避難させる手段を用意しておくとよいでしょう。体験の実施場所が医療機関から1時間以上離れている場合は、CPR認定に加え、ウィルダネスファーストレスポンダー(WFR)またはウィルダネスアドバンスファーストエイド(WAFA)の認定資格を取得しておくことをおすすめします。詳しくは、緊急時の計画作成についての記事をご覧ください。

パートナー免責条項

Adventure Travel Trade Association(ATTA):Adventure Travel Trade Association提供。©2021 Adventure Travel Trade Association. 無断複写・転載を禁じます。

Adventure Travel Trade Association(ATTA)の名前およびロゴは、許可を得て使用されています。明示または黙示を問わず、いかなる製品、サービス、人物、企業、意見、政治的立場の支持も評価もするものではありません。ATTAは、Airbnbの体験やホストの選定も承認も行わず、そのプロセスに関与することもありません。ATTAについて詳しくは、adventuretravel.bizをご覧ください。