English — Español — 中文 — Français — Italiano —日本語

Airbnbはアドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)と連携し、安全なオフロード体験をホスティングするためのヒントを提供しています。こちらでは推奨される実践例を紹介していますが、実際の活動はホスト自身がエキスパートとして案内する必要があります。優れたホストは、すべての方々の安全を守るためにできることがないか常に模索しています。

ゲストに合った体験内容を提供する

安全に体験を楽しむために留意すべき、健康状態や体力などに関する要件がある場合は、体験の説明文にその旨を明記してください。所要時間、運動量、必要な体力や能力レベルなどの情報は伝えておきましょう。

ATTAがまとめた、オフロード(四輪バギーまたは四輪駆動車)体験に必要なスキルレベルをゲストに伝えるための指針をご紹介します。

  • 四輪駆動車と四輪バギーの初心者レベル:経験豊富な四輪駆動車ガイドが運転するオフロード車両の助手席に座り、悪路や障害物の多いコース、急傾斜を走行することに抵抗がないゲストが対象です。
  • 四輪駆動車の中級者レベル:経験豊富な四輪駆動車ガイドの指導の下、オフロード車両を運転し、悪路や障害物の多いコース、急傾斜を走行することに抵抗がないゲストが対象です。
  • 四輪バギーの中級者レベル:ガイドが案内する比較的簡単な四輪バギーコースを自分で運転することに抵抗がないゲストが対象です。スピードは出しすぎず、初心者に重大な危険性がない地形のコースを走行します。

頻繁にコミュニケーションを取る

体験の予約が入ったら、Airbnbのメッセージシステムを使って自己紹介をし、ゲストに歓迎の気持ちを伝え、準備を整えてもらう手助けをするとよいです。わからないことがあれば何でも聞いてくださいと、ゲストに伝えておきましょう。

ゲストが気を遣わずいつでも質問できるような体験にする必要があります。一般的な懸念事項(体験中のトイレの使い方、ほかのゲストとの交流に関するルールなど)を想定しておきましょう。当然のことではありますが、体験でゲストが運転する場合は、高速で走行できる大きな車両を運転することに問題がないこと、有効な運転免許証を所有していることを事前にゲスト全員に確認してください。また、運転を伴う体験の実施前や実施中は、アルコールを摂取しないようにゲストに伝えておくことも大切です。懸念事項にはすぐに対処し、上記の質問やその他の質問に体験中いつでも対応できるようにしましょう。

根気強く、親身になって相手の話を聞き、ゲストの立場に立って考えることが大切です。たとえば、食べ物や軽食、水の提供があるか、水筒を持参する必要があるか、どのようなトイレ設備を使えるかなどの実用的な情報は ゲストに質問される前に伝えておくようにしましょう。ホスト自身にとっては些細なことであっても、ゲストにとっては苦労を強いられ、不安を抱く要素の場合があります。安全に体験を楽しむためには、しっかりとコミュニケーションを取ることが不可欠です。

地域の規制に従い、予報を確認する

現地の情報に精通し(または調査し)、オフロードコースで体験を実施することが許可されているかどうか、いつ実施できるかを確認するとともに、体験を実施する地域に適用される規則や規制を把握しておく必要があります。厳しい環境を予測し、避難する場合の選択肢を把握できるよう、天気予報を常に確認し、体験の実施場所のことを熟知しておく必要があります。

出発前に必要な情報を明確に説明する

運転を始める前に、四輪駆動車または四輪バギーの正しい運転方法、特定の曲がり角や地形での安全な速度と体勢の維持方法など、初心者に必要なスキルを指導またはおさらいする時間を設けましょう。四輪駆動車または四輪バギー体験のホストとして、ゲストの能力を常に確認し、車両に乗っているときと乗っていないとき両方の正しい行動手順やテクニックを実演する必要があります。乗車してからも、チェックを怠らないようにしましょう。ゲストにその都度気分を確認するとともに、様子を観察し、快適に過ごせているかどうか、ゲストの能力が体験の実施環境に適しているかを確認してください。

気候条件や地形、経験レベルに応じて、適切なスピードを設定し、ゲストはそれぞれ一定の間隔を空けて後に続くことをおすすめします。定期的に停車して、ゲストの様子を確認し、コミュニケーションを取ったり、前方の状況(特定のテクニックがないと渡れない障害物の存在など)を説明したりするとよいでしょう。

体験中に必要な食料、水、用具がすべて揃っていることを確認しておきましょう。中には不安を感じているゲストがいる可能性もあり、経験豊富な運転者よりも一部のアイテムが多く必要となる場合があります。このようなニーズを予測しておくことで、よりよい体験を提供することができます。

適切な器具を提供する

ホスト側で提供できる、または提供する予定の器具を前もってゲストに伝えておきましょう。活動のレベルを問わず、ゲストが自分の器具を持参する予定があるか確認してください。各ゲストにフィットする、状態が良好かつ清潔な器具を提供する必要があります。その他のヒント:

  • 体験のレベルを問わず、清潔で手入れが行き届いた、定期的に整備が行われている車両を提供する必要があります。また、車両は排気ガスの排出量や騒音レベルなどについて、現行の規制に準拠していなければなりません。公道で四輪駆動車を使用する場合、現地の規制に従って車両の登録、納税、免許取得、検査を行う必要があります。
  • 四輪バギー体験の場合、認定を受けた四輪バギー用のヘルメット、活動のレベルによっては、モトクロス用のオフロードヘルメットの提供が必要です。四輪駆動車の運転体験では、多用途四輪車やオープンバギーなどに乗る際は、ヘルメットが求められる場合があります。損傷や摩耗、劣化がないことを確かめるため、すべてのヘルメットを定期的に点検してください。活動のレベルとスタイルによって、ゲストに提供するヘルメットの種類は異なります。ゲストが自分のヘルメットを持参した場合も、体験の内容に適していることを確認する必要があります。ヘルメットの正しいサイズと装着方法をゲストに伝えましょう。最低限の安全基準を満たしているヘルメットでなければ使用してはなりません。
  • 体験の実施環境に適した服装や履物をゲストに伝えておく必要があります。また、運転する際に着用できる清潔なオーバーオールを提供するのもおすすめです。
  • 活動レベルや地形、気候条件によっては、ゴーグルやサングラスなどのアイウェア、手袋、ブーツの支給が望まれる場合もあります。これらの装備をホストから提供しない場合は、事前にその旨を伝え、必要に応じてゲストに持参してもらうように伝えてください。アイウェアは、体験に適したものを提供するか、持参してもらう必要があります。
  • 体験のレベルを問わず、食料や水、重ね着用の服が必要な場合は、ゲストが持参すべき食料や飲み物、ホスト側で提供する食料や飲み物を明確にしておきましょう。

ホストはゲストが怪我した場合に備えて、応急処置キットを携行し、その使い方を知っておく必要があります。意識がない場合でもゲストの状態を安定させ、安全に避難させるためのアイテムを用意しておきましょう。四輪駆動車体験の場合、万が一身動きが取れなくなった場合に自力で脱出するための機材や、基本的な修理を行うための道具、予備の部品を備えておく必要があるかもしれません。

携帯電話の電波が届く範囲を確認しておくことをおすすめします。また、必要に応じて緊急サービスを呼べるよう、外部との通信手段を確保しておく必要があります。体験で器具を提供しない場合でも、ゲストの装備が良好な状態にあること、正しく使用されていることを確認しましょう。

適切な実施環境を選ぶ 

気温、風、視界不良、雨、猛暑など、体験で遭遇する可能性のあるさまざまな気象条件についてゲストと話しておいてください。気象条件が体感温度、コース、および全体的な運転条件にどのように影響するのかをゲストに伝えておきましょう。また、こうした気象条件に加え、直面する可能性のある予期せぬ事態に備える最善策も伝えておくとよいでしょう。

ホストは、ゲストの能力レベルを考慮し、危険な状況を見極められる能力が必要です。ゲストの能力では対応できないリスクや予期せぬ危険性がある場合は、体験を実施しないでください。

運転を楽しむために常に安全を優先する

安全な体験を提供するために、ゲストのレベルや期待事項に合わせた明確な旅程表を作成し、ゲストが迷子になったり怪我を負ったりした場合の対処方法がわかるようにしておきましょう。実施する運転体験の種類を問わず適用できる、一般的な怪我の原因を防ぐためのヒントを以下にまとめました。

  • ゲストの速度が気候条件や能力、経験レベルと合致していることを確認しましょう。また、公用地にあるマークされたオフロードコースを運転する場合は、地域の法規制を遵守する必要があります。
  • 曲がるときや急な斜面や障害物を越えるときの体勢など、正しいテクニックをゲストに指導しましょう。
  • 手信号やクラクション、トランシーバー、無線など、大事な情報を伝えるために使用できる効果的なコミュニケーション手段を用意し、ゲストがその使用方法を知っていることを確認してください。

不測の事態が起こった場合に備え、体験の前に実践したことのある緊急時の行動計画を立て、ゲストを避難させる手段を用意しておく必要があります。体験の実施場所が医療機関から1時間以上離れている場合は、ウィルダネス専門のファーストエイド認定(WAFAまたはWFR)と有効なCPR認定を取得していることが推奨されます。緊急時の計画の作成について詳しくはこちらをご覧ください。

パートナー免責事項

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA):アドベンチャー・トラベル・トレード協会の提供。©2021 アドベンチャー・トラベル・トレード協会。無断複写・転載を禁じます。

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)の名前およびロゴは、許可を得て使用されており、明示あるいは黙示を問わず、いかなる製品、サービス、人物、企業、意見、政治的立場を支持、または審査するものではありません。ATTAは、Airbnbの体験やホストの選定・承認を行わず、そのプロセスに関与することもありません。アドベンチャー・トラベル・トレード協会について詳しくは、adventuretravel.bizをご覧ください。