English — Español — 中文 — Français — Italiano —日本語

Airbnbはアドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)と連携し、安全なそり滑り体験をホスティングするためのヒントを提供しています。こちらでは推奨される実践例を紹介していますが、実際の活動はホスト自身がエキスパートとして案内する必要があります。優れたホストは、すべての方々の安全を守るためにできることがないか常に模索しています。

期待の行き違いを防ぐ

安全に体験を楽しむために留意すべき、健康状態や体力などに関する要件がある場合は、体験の説明文にその旨を明記してください。所要時間、運動量、必要な体力や能力レベルなどの情報は伝えておきましょう。

ATTAがまとめた、そり滑り体験に必要なスキルレベルをゲストに伝えるための指針をご紹介します。

初心者:距離が短いまたは傾斜が緩やかなコースで滑ります。ほとんどの年齢層とスキルレベルの参加者に適しています。また、コースの開始地点、丘の頂上に簡単にアクセスできます。

中級者:より速いスピードで滑るため、衝突のリスクが高くなります。参加者はヘルメットを着用する必要があります。滑るコースへの道のりが長く、体力的に厳しい場合があります。

ゲストと頻繁にコミュニケーションを取る 

体験の予約が入ったら、Airbnbのメッセージシステムを使って自己紹介をし、ゲストに歓迎の気持ちを伝え、準備を整えてもらう手助けをするとよいです。わからないことがあれば何でも聞いてくださいと、ゲストに伝えておきましょう。

ゲストが気を遣わずいつでも質問できるような体験にする必要があります。一般的な懸念事項(体験中のトイレの使い方や、ほかのゲストとの交流に関するルールなど)を想定しておきましょう。必要な持ち物のリストを、事前にゲストに送付しておいてください。そり滑りの場合、体験を楽しんでもらうために必要な体力、ホスト側で提供する備品、ゲスト側で用意する必要がある持ち物(私物を入れるためのバッグ、適切な靴、重ね着用の服など)を伝えるとよいでしょう。懸念事項にはすぐに対処し、上記の質問やその他の質問に体験中いつでも対応できるようにしましょう。

根気強く、親身になって相手の話を聞き、ゲストの立場に立って考えることが大切です。たとえば、食べ物や軽食、水の提供があるか、水筒を持参する必要があるか、どのようなトイレ設備を使えるかなどの実用的な情報は ゲストに質問される前に伝えておくようにしましょう。ホスト自身にとっては些細なことであっても、ゲストにとっては苦労を強いられ、不安を抱く要素の場合があります。安全に体験を楽しむためには、しっかりとコミュニケーションを取ることが不可欠です。

地域の規制に従い、予報を確認する

現地の情報に精通し、ゲレンデでの体験実施やそり滑りが許可されているかどうか、いつ実施できるかを確認するとともに、そり滑りをする地域に適用される規則や規制を把握しておく必要があります。天気予報を常に確認し、状況を予測できるよう、実施場所について十分把握しておく必要があります。

出発前に必要な情報を明確に説明する

ゲレンデやコースに向かう前に、基本的なスキルを指導する時間を設けましょう。すべてのレベルのゲストが安心して体験に参加できるよう、ゲレンデやコースの情報、現地で守るべきマナーについてはじめに話しておきます。

そり滑り体験のホストとして、ゲストの能力を常に確認する必要があります(登っているときや、教えているとき、滑り降りているときなど)。そり滑りをはじめた後も、チェックを怠らないようにしましょう。ゲストにその都度気分を確認するとともに、様子を観察し、快適に過ごせているかどうか、身体的および精神的能力が体験の実施環境に適しているかどうかを確認してください。

適切な器具を提供する

体験の実施環境に不安がないかゲストに確認しましょう。雪そりにひび割れがないことを確認し、ゲストに操作方法や止まる方法を必ず説明してください。

コースを滑る場合は、コースとそり両方の状態に問題がないことを目視で確認してください。

適切な環境を選ぶ

障害物や落下物、雪の状態の変化、野生動物など、遭遇する可能性のある状況について、滑る前にゲストに伝えておく必要があります。ゲレンデやコースについて想定されることを、はじめに明確に伝えましょう。天候の変化などにより退避が必要な場合もありますので、体験の実施中は常に周辺状況を気にかけるようにしてください。

ゲストの体力レベルを考慮し、危険な状況を見極める能力が必要です。ゲストの能力では対応できないリスクや予期せぬ危険性がある場合は、体験を実施しないでください。

常に安全を優先し、気を付けて体験を実施する

そり滑り体験のホストは、幅広い用途に対応した応急処置キットをすぐに使えるようにしておく必要があります。また、有効な応急処置および心肺蘇生(CPR)の認定を所有する必要があります。体験の実施場所が医療機関から1時間以上離れている場合は、CPR認定(または同等の資格)に加え、ウィルダネスファーストレスポンダー(WFR)またはウィルダネスアドバンスファーストエイド(WAFA)の認定を取得することが推奨されます。体験を実施するホストは、ゲストを案内するエリアおよび状況下での豊富な滑走経験を有することが望まれます。

また、緊急時の行動計画を作成し、ゲストと共有しておくことをおすすめします。怪我や予期せぬ天候など、緊急事態が発生した場合の対処方法をゲストに伝えておきましょう。緊急時の計画作成について詳しくはこちらをご覧ください。

パートナー免責事項

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA):アドベンチャー・トラベル・トレード協会の提供。©2021 アドベンチャー・トラベル・トレード協会。無断複写・転載を禁じます。

アドベンチャー・トラベル・トレード協会(ATTA)の名前およびロゴは、許可を得て使用されており、明示あるいは黙示を問わず、いかなる製品、サービス、人物、企業、意見、政治的立場を支持、または審査するものではありません。ATTAは、Airbnbの体験やホストの選定または承認を行わず、そのプロセスに関与することもありません。アドベンチャー・トラベル・トレード協会について詳しくは、adventuretravel.bizをご覧ください。