7月半ばのデザインリニューアルを機にAirbnbでは、開発プランニングにコミュニティのフィードバックを活用し始めるという、重要な方針転換をしました。今後も意見交換を続けていくためにも、今後数ヶ月の開発計画をシェアしたいと思います。

計画を練るに当たって、まず最初にコミュニティのフィードバックを調べてみました。ホストのみなさまのご意見・ご要望はアンケートの回答、イベント、ミートアップの場を通して直接お寄せ頂いたものです。また、カスタマーサポート部門からは電話やメールのヘルプ業務で得た知見をまとめてもらい、調査部門には開発途中の機能に対するユーザーの反応を細かく調べてもらいました。

以上の結果をもとに特定した、2014年の残りの期間の注力分野は以下のとおりです。

ホスト表彰プログラム

コミュニティの中でも際立って優秀な働きを見せているホストを表彰するプログラムは、去年プレビューを行いました。その後も具体的にどういう人が「スーパーホスト」と呼べるのか条件を見極めるため、調査を重ねてきました。ホスト表彰プログラムは、あと何ヶ月かでスタートする予定です。

ホスティングの成果向上

「成果についてもっとデータが欲しい」という声も寄せられました。ゲストに喜んでもらえる新しい手法を模索中の人からは、「ホスピタリティ関連の情報やヒントを改善して欲しい」という声も。こうしたご要望の声にお応えし、年内にはもっと成果がよくわかるツールをリリースします。強化が必要なところがあれば、ホスピタリティのヒントも流します。これは全ユーザーが対象です。

カレンダー用ツール

操作はすべてカレンダーで行いますね。ホストがスケジュール管理で時間をかけるのもカレンダー、ゲストが空室状況・料金を見るのもカレンダーです。従ってリスティングのカレンダーは個人用カレンダーと同じぐらい簡単かつ直感的に管理できなければなりません。そこで、今後数ヶ月の間にカレンダーの更新方法を改善することにしました。

まだまだスタートライン

以上のプランは幅広い調査と、コミュニティからお寄せいただいたフィードバックをもとに考えたものです。調整が必要なら調整し、コミュニティに益することがあれば想定外のことでも柔軟に対応する姿勢をキープしながら、きちんと成果が出せるよう勤めて参ります。そして、新機能・プログラムのお知らせは、これからもっとコンスタントに行うようにします。みなさまのホスティング目標達成のお役に立てれば幸いです。ますます楽しくなるAirbnbをぜひおたのしみに。

日本語版記事をもっと読む