English中文DeutschEspañolFrançaisItaliano한국어Portuguêsру́сскийNederlands

 

眩いばかりのリスティング。公開後に家族や友達に見たいと言われたのだけど探し方がうまく説明できない、そんな経験はありませんか?

山のようにあるリスティング。エリア内検索でヒットするところとしないところをAirbnbのアルゴリズムは何を基準に分けているのか? これはホストなら誰しも一度は考える疑問ではないでしょうか。

実際ホストのみなさまからのご質問を総合すると、やはり一番多いのは「検索ランキング決定要因」と「自分のリスティングの探し方」という、主に2つの基本カテゴリのように思います。 

そこで今回は検索にまつわる一番よくある質問を15点選んで、Airbnb検索チームに回答を尋ねてみました。以下にまとめてご紹介します。

☆検索ランキング決定要因、順位を高める方法

Q1. リスティングの検索順位を決める要因はずばり何ですか?

おっと、いきなり直球ですね。そうくると思っていました! Airbnbの検索アルゴリズムは実に100以上ものシグナルを見ながら検索表示順位を決めています。シグナルの大多数はゲストが真っ先にチェックするポイントです。つまり高評価レビュー、きれいな写真といったところですので、「ゲストはこういうところを見てるんだよね」と思うところは、ランキング決定要因と見てほぼ間違いないです! 旅行者が予約リクエストを送る(または「今すぐ予約」で予約を入れる)確率は、探しているものがすぐ見つかるとき最大になりますので、このような仕様となっております。Airbnbでは旅行者からなるべくたくさんの情報を集め、そのニーズにもっとも近いリスティングを表示しているのです。

あらゆるシグナルを同じウェイトで判断しているわけではありませんし、なにも、完璧なリスティング、最強の立地でなければ上位表示は望めないなどということはありません。ただ、大きな差を決定づける極めて重要なシグナルがあることもまた確かであり、たとえば検索結果からのクリックスルー率、リスティングから問い合わせを試みる頻度、予約リクエストの承認件数、「今すぐ予約」対応状況、価格競争力といったものが、これに相当します。

Q2. 「今すぐ予約」のリスティングが検索上位に優先的に表示されるのはなぜですか?

Airbnbの検索アルゴリズムは予約をスムーズに「成約に導く」ことがひとつの大きな目標です。Airbnbの予約と旅行のエクスペリエンスがすばらしければ、将来またAirbnbを使ってくれる確率は高まります。これが旅行者にとってもホストにとってもベストな状態ですので、それを叶える方向で作用しているのです。これまでの経験からひとつ言えるのは、あらゆる条件が同じだと仮定すると、旅行者は「今すぐ予約」を選ぶ確率が高い、ということです。予約がすぐ決まり、ホストからの返答を待つ必要もなく、拒否される心配もないことが、その大きな理由として挙げられます。ホストもゲストも成約率が高いため、「今すぐ予約」対応物件は必然的に検索でも上位に表示されるというわけですね。

もちろん「予約リクエスト」のアプローチを採用されているみなさまの中にも最高のリスティングをお持ちの方は大勢いらっしゃいます。「今すぐ予約」はあくまでも100以上ある検索ランキング決定要因のひとつに過ぎないこと、「今すぐ予約」にしなくても検索上位のポジションは確保できること、この2点は忘れないように心がけたいですね。

Q3. スーパーホストになりました。もしかして検索順位も上がったりとかするんでしょうか?

「スーパーホストだから検索上位に表示する」というルールは特に定めていません。ただ、スーパーホストに合格したときにクリアした審査基準は検索順位決定基準と共通のところも多いですので、「スーパーホストになると必然的にリスティングの検索順位が上がる」という現象が起こりえることは確かです。さらにゲストは検索のときにスーパーホストの物件のみに絞る検索フィルターも適用できますので、検索でスーパーホストの素敵な物件が表示される頻度は高いと言えます。

Q4. リスティングの検索順位を上げる方法は? 設定で工夫できる裏技があれば教えてください!

すぐ効果が現れる最善のSEO対策は「今すぐ予約」をONにすることです。社内の調査でも、ゲストは「今すぐ予約」の方を好むことがわかっていますし、検索時に「今すぐ予約」のフィルターをかけて探さないゲストも、結果的には「今すぐ予約」を選ぶことが多いです。やはり予約は手早く済ませて旅行の残りの計画に早く集中したいという思いは共通のようです。

そのほかにできるSEO対策には、次のようなものがあります。

  • 1印象で勝負:トップに表示される1枚目の写真に力を入れましょう。明るくて、ついつい目が吸い寄せられる高品位の横長の写真にするのがコツです。興味をもってクリックする人が増えれば増えるほど、検索順位はじわじわと上がってゆきます。魅力的でありながら盛り過ぎではないリアルな写真、これはお部屋の特徴を瞬時に伝える最強のツールです。
  • 値段で勝負: 格安旅行の人も結構いますので、「スマートプライシング」のような価格自動設定ツールを活用したり、手動で競争力ある料金に設定していただくと、推奨料金の威力をご実感いただけます。

Q5. ゲストの「お気にいり」に保存されると検索順位がちょこっと上がる、という噂は本当ですか?

本当です!  リスティングが旅行者の「お気にいり」に保存されると、検索順位は実際上がります!  1回保存されたぐらいでは目に見える違いは出ないかもしれませんが、数か月のスパンでお気にいりが順調に集まっている人気物件は、集まっていないところより検索では上位にアップします。さらに、お気にいりに保存する内容を見て個々人の好みを把握し、それに合わせて検索結果をパーソナライズする、ということも行っていますので、一度お気にいりに保存されたリスティングは、その方のその後の検索でもヒットの確率が上がります。

Q6. リスティングを毎日こまめに編集したりいじったりすれば検索順位が上がる、という噂は本当ですか?

リスティングを何度もこまめに変更したりいじったりしても検索ランキングにはなんの影響もありません。下がるわけではありませんが、上がるわけでもありませんので、今ある写真と説明文でベストと思われるなら、もうそのままいじらなくても大丈夫。じっと予約リクエストの到来を待ちましょう!

Q7.  広告料を払えば検索表示が増える、という有料広告のオプションはないんですか?

Airbnbでは、有料で検索順位を上げるPRオプションは提供しておりません。こうすることで公平な検索結果を生成し、ホストとゲストのベストマッチングを実現しています。とは言え、もしご希望なら広告することは可能です。これは外部のSNSやブログやサイトにリスティングを貼り付けるというアプローチになりますが、簡単に検索&取得&コピーできるように目立つ場所に埋め込みコードもご用意しています。リスティングページを開くと、右手の「お気にいりに保存」の下に埋め込みアイコン「</>」がありますので、ここをクリックしてみてください。すると外部の個人ブログやサイトに埋め込むコードと手順がすべて表示されます。

Q8. 検索の最後のページに表示されます。なぜですか? こんなことでは誰も予約してくれないと思うのですが。

ひとくちに検索と言ってもいろいろなパターンがあり、中には都市名だけで日付の指定がないなど、実際に予約を考えている旅行者の利用方法とはかけ離れているものもあります。そうした検索ですと、ヒットする件数が途方もない数になることもあります。予約を真剣に考えている旅行者の場合は、日付の指定もありますし、地図で拡大してみたり、フィルターを使って希望のアメニティを絞り込んだりする操作もあります。ですので、条件やフィルターを特定しない全体的な検索に比べて、検索結果に表示される件数は遥かに少ないです。

Q9. ゲストがハウスルールの条件に合わないため予約を却下しました。この場合も検索順位に影響は出るのでしょうか?  

予約を却下されるのは、ゲストから見たら最悪の経験のひとつですので、検索ランキング決定の際にはその点も考慮しています。ただ、どうしてもやむを得ない理由で却下する場合もありますので、そこの部分はきちんと分けて考慮するようにしています。Airbnbが評価で重視すのは絶対的な却下回数より、ほかのホストと比べた相対的な却下回数です。

1回却下したくらいでは検索ランキングには特に大きな影響は出ません。しかし、もっと長いスパンで見て、同じ域内のほかのホストより却下が多いと、ランキングは下がります。社内の調査でも、Airbnbホストの圧倒的大多数はほとんどすべての予約リクエストを承認する用意があるとしており、成績上位の「予約リクエスト」型ホストは実際ほとんどすべての予約リクエストを承認しています。予約を申し込んで本当に大丈夫な物件かどうかをあらかじめ旅行者に伝えることができれば却下は回避できます。そのためにはハウスルールを詳しくはっきりと書き、カレンダーを常に最新情報にすることが大事です。設定とアメニティ・設備の項目も念のため見直して、現実と違うところがないか確認しておきましょう。

☆自分のリスティングを検索する方法

Q10. リスティングの作成が先ほど終わりました。プロフィールには公開中と表示されるのですが、検索してもヒットしません。ほかの人の検索でもヒットしないそうです。これはなぜ?

リスティングが掲載されてから検索結果に反映されるまでには通常6時間ほどのラグがあります。この間にホストのみなさまはリスティングの設定の最終調整を済ませ、最初の予約リクエストの受け付けに備えることができます。また、Airbnbも新規公開のリスティングにすべて目を通し、マーケットプレイス参加に適しているかどうかを審査できます。掲載後24時間待っても表示されない場合は、弊社のカスタマーサポートまでその理由を問い合わせてみてください。

Q11. 新規予約がしばらくないので、自分で検索したり、友達に頼んで検索してもらったりしているんですが、どちらもヒットしません。細かく条件を指定してフィルターをかけてもダメです。どうしたらよいですか?

リスティングが多い人気エリアでは、フィルターを二重、三重にかけて探さないと検索が難しいことも考えられます。でも心配にはおよびません。旅行者も二重、三重、四重にかけて探しているので、きっとそちらの検索ではヒットしているはずです! 検索するときには、カレンダーで予約可能な日付と最低宿泊日数の設定を確かめ、予約できる範囲で日付を選ぶのがコツです。

あとひとつ、「今すぐ予約」対応物件が検索でヒットしない理由としてよく見られるのが、「高評価レビュー獲得済みのゲストのみ」に予約受付を制限しているため、ご自身やお友達がその要件を満たさない場合、検索に表示されないというものです。これはログアウト中のユーザーや新規登録ゲストも同様で、「今すぐ予約」のフィルターを適用した検索では表示されません。また、フィルター抜きの検索ではヒットしますが、「今すぐ予約」ボタンではなく、「予約をリクエスト」のボタンで表示されます。「今すぐ予約」の要件を満たさないため「今すぐ予約」ボタンが有効にならないのですね。

Q12. 自分のリスティングが検索できません。ログイン中かログアウト中かによっても違ってくるんですか?

ログイン中でもログアウト中でも大体のリスティングは検索結果に表示されます。ただログイン中かログアウト中かによって表示ランキングは微妙に異なる場合があります。Airbnbの検索では個々の好みに合わせて結果をパーソナライズしていますので、ログイン中は、より多くの情報をもとに最適なお部屋をマッチングできるためです。表示されない唯一の例外は、ホストの方が「今すぐ予約」を選び、なおかつ「高評価レビュー獲得」を予約の要件として定めているケースです。この場合は検索で「今すぐ予約」のフィルターを適用すると、ログアウト中の方には表示されません。なぜならログアウト中の方については、高評価レビュー獲得済みかどうかの確認ができないからです。

Q13. Airbnbアプリの地図には表示されるのですが、PC版サイトで同じフィルターをかけて同じリスティングを探しても表示されません。これはなぜ?

Airbnbの検索では、個々の旅行の条件に最適なリスティングを探していただけるように、検索結果をパーソナライズしています。その際に使用端末とアクセス地点も考慮しますので、使用端末が変わると検索表示順位も変わる場合があります。

Q14. 「今すぐ予約」をONにしたのに一向に検索結果に表示されません。「今すぐ予約」にすれば検索順位は上がると聞いていたのに

「今すぐ予約」にすれば検索順位は確実に改善されます。この場合はお話の内容から判断して、何かほかに原因があるように思えます。念のため検索条件とリスティングの設定&要件が完全にマッチすることを確かめてみてください。チェックするのは最低宿泊日数から最大宿泊日数、予約期間、最大定員まで全部です。それでもまだ検索できないなら、レビュー獲得歴が原因かもしれません。レビュー獲得を予約受付の要件として設定している場合には、ご自身がAirbnbでまだ旅行未経験でレビュー未獲得のうちは予約の条件を満たしませんので、いくら検索してもリスティングは表示されません。これはログアウト中も同様です。

Q15. タイトルで探しても検索できませんでした。Airbnbではなぜキーワード検索できないんですか? 今後対応する予定はありますか?

キーワード検索特に全文検索は技術的に極めて高度でなかなか実現は難しいのですが、大変なぶん開発のテンションが上がるプロダクトではあります!  Airbnbには幸い、検索エクスペリエンス改善策を常時調査する優秀な専属チームもいますので、その成果が今後数年以内にプロダクトとして実を結んでくるはずです。ご安心ください。

長々と書いてきましたが、一番大事なことは「あなたは世界にたったひとりのホストであり、世界にひとつしかない体験を提供している。なぜならば、あなたはあなたであって、あなたの家はほかの誰のものでもないのだから」ということです。世界にひとりの旅人とホストをつなぐのは一筋縄ではいかず、説明が難しい面もありますが、このヒントと回答が多少なりとも理解のお役に立てれば幸いです。自分が一番得意なところにフォーカスし、自分の強みを最大限生かし切り、検索で1番に表示されなくてもクヨクヨせず、これからもがんばってまいりましょう。