[vc_row][vc_column][vc_column_text]

空き部屋で、7歳の息子が外国を知った。
〜杉並区から世界とつながるエアビーアンドビーホスト物語〜

杉並区在住 Yuichiさん (49) ご家族 [※]

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 13歳と7歳[※]のご兄弟の、賞状や記念写真が壁一面に貼られた、あたたかい雰囲気のリビングルーム。ご主人のYuichiさんは、なんと、ご自分のお部屋をゲスト用に開放してエアビーアンドビーのホストをはじめたそうです。その経緯を聞くと「会社の近くで、外国人旅行者に道を聞かれたのが、エアビーアンドビーをはじめたきっかけなんです。ホテルなんてない地区なので不思議に思ったけど、エアビーアンドビーで泊まると聞いて、合点がいきました。それからエアビーアンドビーについて興味が高まり、とあるブログ主催の現役ホストへの訪問ツアーに参加しました。名物ホストのおばあさんに話を聞いて、これなら自分でも出来るな!と思って、すぐに行動にうつしました。自分の部屋を使うだけならリスクフリーですし、何より面白そうでしたから」もちろん、ホストをはじめるに当たって、ご家族との話し合いも十分にされたそうです。「原則ルールとして、私が家にいられるときだけゲストを迎え入れるようにしています。必然的に週末のみとなりますが、私たちにとってはちょうどいいペースですね。7歳の息子は、ゲストが来るのを毎回とても楽しみにしているんです。Hello!と挨拶している様子を見ていると、今から少しずつ海外慣れしていくのは、いいことだなと思います。13歳の兄の方は、英語を勉強しはじめたばかり。その英語が通じるという経験を、体験させたいですね」[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_single_image image=”176622779″ img_size=”full” alignment=”center”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] あまり観光地というイメージは無い、杉並区。ゲストにとってはどんな魅力が隠れているのでしょうか。「外国の人に、日本の良さをもっと知ってほしいんです。それは、必ずしも非日常な観光地ではなく、普通の日本の暮らしの中にもあると思います。その点、私の家はいたって普通(笑)派手さはないけど、静かで快適な暮らしが保証できます。季節によっては、散歩にでかけて、近所の桜や紅葉を見てほしいですね」落ち着いてそう語るYuichiさんも、はじめてのゲストを迎え入れるときは、朝から家中を掃除して、そわそわされたそうです。「最初から今まで、これまでに滞在したゲストは、女性がほとんどです。家族を守るだけのセキュリティがあるというのは、女性旅行者にとっても安心なのかもしれません」家族の“楽しみ”と“安心”を軸としてホストを続けるYuichiさん。これからお子様の成長に合わせて、ホストの楽しみ方をさらに見つけてくださることでしょう。

※2015年11月時点

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]