English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский  Português  Nederlands

社会貢献体験を企画するときは、世界各地で成功している社会貢献体験とその秘訣を探ってみるのはいかがでしょうか?

旅行者の目を引く。

日々の非営利活動の範囲だけにとらわれず、体験に対する旅行者の関心を誘い、巻き込む方法はないか考えてみましょう。

ゲストの立場から初めて訪れた街でどう過ごそうかと考えたとき、どんなアクティビティに惹かれるでしょうか?そして、お金を払ってでも体験したいと思うのはどれでしょうか?

組織の信義から逸れないためには、組織の使命と関連性があり、ゲストにも楽しんでもらえるアクティビティを考案しましょう。たとえば「Hike Runyon Canyon with a Rescue Dog」という体験に参加するゲストは、大都市を見渡す美しい景色を見ながら、救助犬と触れ合うことができます。

象徴性を狙う。

多くの旅行者は、特定の都市の滞在するとき「やりたいことリスト」や「その土地ならではのお土産リスト」が頭の中にあります。あなたのホスティングで、そのリスト項目を1つでも多く達成できるとできれば、旅行者があなたのホスティングに惹きつけられる可能性は高まることでしょう。

各地の名所、食べ物、その土地でしかできないことを体験に盛り込む方法はたくさんあります。「Cookies for a Cause」というクッキー作りの体験では、クッキーにゴールデンゲートブリッジを模したデコレーションをすることで、サンフランシスコのエッセンスを利かせています。

実施日を確保する。

実施予定日を表示ていない場合、体験がゲストの検索結果に表示されません。併せて、体験の実施頻度が少ないと、ゲストの関心も薄れてしまうでしょう。

予約を獲得するには、毎週または隔週の頻度で体験を実施できないか検討してみましょう。これを管理可能にする1つの方法としては、コミュニティを活用してホスティングの作業を数名で分担します。そうすれば、特定の人に作業負荷が集中することなく、体験の実施頻度を増やすことができます。

あなたの情熱を共有する。

体験の内容を、あなたの団体の主な活動に限定しないでください。団体の活動と体験を直接結びつける必要はないのです。よりクリエイティブに、自分自身やコミュニティメンバーの好きなことを、体験の内容に盛り込んでいきましょう! たとえば、東京で体験できる「Brush and Ink (日本の書道)」は、創設者による書道への愛に基づいており、 収益はベトナムの支援が必要な子どもたちのために使われます。書道とベトナムの子どもたちの支援に直接の関連はありませんが、それでもよいのです。