English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский Português Nederlands

社会貢献体験のホストをすると、多くの人にボランティアや非営利事業の活動を紹介できるだけでなく、地域コミュニティにどっぷり浸かって参加できる学びの機会をつくることができます。

ゲストがAirbnbで社会貢献体験への参加を決めるのは、自分の人生にも、団体が取り組んでいる運動にも、後々まで肯定的な影響を与えるようなユニークな活動を探しているからです。

ホストはいろいろな方法で社会貢献体験を企画しています。例えば、ボランティアが先導しつつ、団体のミッションの方向性を守りながら、ゲストにとっても学べるものであり、楽しくもある体験です。ホストがどのように体験を企画したのか詳しくはクリックしてご覧ください。すべての社会貢献体験は、体験の内容にかかわらず、団体のミッションを広げる機会で、ゲストの学びの場となり、団体が取り組む運動の主唱者誕生のきっかけとなるのです。

ミッションを広める方法をいくつかご紹介します。

運動目的に焦点を当てる。ゲストに団体が取り組んでいる運動の問題を内部からの視点で見てもらい、大切さを伝えます。

物語を語る。団体設立の背景を話すほかにも、話の内容にうまく組み込めるのであれば、なぜあなた自身が関与することになったのかを語ってみては?

影響力を伝える。団体がコミュニティでどのように地域社会に貢献しているのかをゲストに知ってもらいましょう。

関わりを促進する。 ゲストが今後も活動に関わっていける場を提案するのもよいでしょう。ニュースレターへの登録してもらったり、団体のフェイスブックページに「いいね!」をしてもらったり、他にも寄付、ボランティアにまた参加を検討してもらうこともできるでしょう。

…私たちは、ハーレム・グロウン(Harlem Grown)の価値ある非営利プロジェクトについて理解を深めていく過程を楽しみました。ボランティアと一緒に植物に水をやったり、堆肥を分解したり、苗床や土の入れ替えの手伝いをしました。とてもやりがいがあって、心身ともに大満足でした。ボランティアたちともたくさん話ができ、人生やこの活動になんで携わっているのかが聞けて、とても面白かったです。ハーレム・グロウン、最高な体験をありがとう!   

— セバスチャンさん、「Urban Grown」体験のゲスト (ニューヨーク)