English中文DeutschEspañolFrançaisItaliano한국어Portuguêsру́сскийNederlands

豪シドニーから車で東に約1時間。Christineさんはニュー・サウス・ウェールズ州の世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園近郊のグレンブルックという町でAirbnbホストをしています。人一倍世話好きで、プライバシーを尊重しながら快適な滞在を提供するホストとして、ゲストの評判は上々です。

昨年は見事ホストアワードに輝きました。このアワードはAirbnbコミュニティが推薦・投票で4部門計4名の優秀なホストを選んでAirbnbオープンで発表・表彰するものです。Christineさんは想定外のピンチに見舞われたゲストを助け、「ヒーロー」部門の最優秀賞に選ばれました。推薦者Ingeさんにとって Christineさんはまさに恩人です。

Ingeさんはボーイフレンドとオーストラリアを旅行中にグレンブルック到着直後、子宮の腫瘍で流産という不幸を経験しました。そのとき家族同然に全力で助けてくれたのがChristineさんです。行きつけの医師にアポをとり、近くの産科に車で送り、さらには回復までゆっくり休めるよう宿泊期間を延長する手配までしたのです。「滞在費用もタダでいいからって。あらゆる手を尽くして私たちのことを励ましてくれました」

当のChristineさんには、しかし、ヒーローという意識はまったくありません。「人として当然のことをしたまでよ。誰でも同じことをしていたと思うわ」と、淡々と受け止めています。

「同じ女として、人生のあの時期のお世話をするのはとても重要なこと。たまたま自分は年上で、Ingeは年下だった。だから今度は私がお世話をする番だって思ったの」

故郷を遠く離れた場所で本来ならボーイフレンドとふたり途方に暮れてしまうところですが、Christineさんの温かいケアと慈しみがそれを変えました。「あの状況で家と呼べる場所があることは本当にありがたかったです」とIngeさんは話しています。

Screen Shot 2016-02-15 at 5.13.45 PM

Christineさんは地域コミュニティの活動にも熱心で、最近は学級担任として子どもの人生相談に乗ったりしています。「Christineさんは、地域の人をとにかく別け隔てなく助けてくれています。どこに行っても、だれに会っても、常に何か自分にできることはないかって」(Ingeさん)

Christineさんはさらに、おもてなしの知識を惜しみなくシェアして、地元ホストの心の支えにもなっています。ヒーローに思えるホスティングも元を正せば、やさしさを行動で示すことの積み重ねであるそれを身をもって示してくれたChristineさん。最後にこんな温かいアドバイスを残してくれました。「ゲストに注意を向け、ニーズを先読みし、いざ必要なときそばにいれるようにすること」