English  Español  中文 —  Deutsch  Français  Italiano — 日本語  한국어  русский  Português Nederlands

体験ゲストを予約に駆り立てるものは何で、何を求めてリピートしてくれるのか。これは誰しも気になることなのではないでしょうか。

そこでAirbnb体験チームは150人の旅行者のみなさまに直接お会いし、予約行動と5つ星レビューに駆り立てる要因を探る調査を先日実施しました。そこで得られた貴重な情報をもとに、Airbnbの体験を新規ゲストにPRする方法を見直し、サイトのアップデートを進め、予約率向上を図っていく予定です。ホストのみなさまの毎日の予約対策のお役に立ちそうな情報もいろいろ見つかりましたので、ハイライトを以下にまとめてご紹介します!ゲストの予約行動と5つ星レビューの実態を知るヒントにぜひお役立てください。

1. ゲストは内容をなるべく詳しく知りたい

調査でわかったのは、体験ページを一読しただけではまだ内容がよくわからないとゲストが感じることもよくあるということです。ゲストを予約行動に駆り立てるものはずばり、参加中にやることの内容がはっきりわかる写真です。「実働シーンの背景に名所」という構成も訴求力は抜群で、特に1枚目のカバー写真にそれが使われているときの威力は絶大です。

ひと目で内容がわかるタイトルと説明文も、内容の把握にはとても役立ちます。写真とタイトルでは、普段味わえない特別な世界をアピールしたり、「こんな現地の専門家なら案内を任せても大丈夫」と思ってもらえそうな要素を前面に出すのもよい対策です。

ゲストの視線が集中するタイトルを3つのサンプルで見てみましょう。

経済学者とロンドン街歩き体験

世にも美しいテラスでパエリア体験

プラチナアルバムのプロデューサーと作曲体験

いかがですか?どれもひと目見ただけで内容がすっと頭に入ってきますよね。専門家であることや、参加しないと味わえない特別な世界であることもわかる良タイトルと言えます。

2. 直前予約は思った以上に多い

今回調べてみてもうひとつ意外だったのは、「予約は旅先で」と考えている人が多いことです。当日・当夜の予約を希望する人も結構いるんです!もちろん前もって予約を入れる方もいますけど、当日予約のゲストも侮れないほど多い実態がわかりました。

当日予約のツアーやアクティビティが旅行者に好まれる実態は、業界の旅行消費動向調査報告書でも明らかになっている傾向でもあります。現に予約の締切をぎりぎりに設定してみたところ予約数の向上につながったという報告もホストのみなさまからはいただいています。

3. 事前の対応もチェックされている!

こちらも盲点かもしれませんが、体験中だけでなく、それに先立つ期間の対応もゲストは本当に重視しています。ですので事前にメッセージを送り、当日のスケジュールや注意事項、集合場所までの道順、おすすめの電車やバスをはっきり説明しておくようにすることが大事です。そうすれば当日は滞りなくスムーズに開始できます。説明は具体的であればあるほどゲストは自信がつきますので、当日も足取り軽く会場に向かうことができるというわけです。

「3日前ぐらいにホストさんからメッセージやアドバイスが届く体験が多いですね。ああ、気にかけてくれてるんだなとわかるし、当日の頭数に入っていることも確かめられてホッとしますよね」ーAirbnb体験ゲストのTeaganさん

右も左もわからない街で待ち合わせ場所を探すのは結構ストレスになりますよね。土地勘のないゲストのことも考えて、集合場所にはすぐ見つかる場所を選べば、辿り着くだけで精魂尽き果ててしまうこともなく、明るいスタートを切ることができるでしょう。

せっかく辿り着いても会場に誰もいないとゲストは不安になりますので、集合場所にはなるべく早く行ってスタンバイを。また、終了時間きっかりに終わるのも多くのゲストが喜ぶポイントです。ゲストは大事な予定が直後に控えていることもあります。正式な終了時刻を伝え、用事がある方は途中で抜けても大丈夫ですよ、と途中でひと声かけてもらえた方が安心だと言っていました。

5. ユニークな体験は不動の人気

ゲストがAirbnbの体験に期待するのは、普通の観光とはひと味違う非日常体験です。普段なかなか味わう機会のない現地のカルチャーに浸れるものを求めていますので、ホストの案内がなければ決して味わえない体験だという部分をゲストに伝えることが大事。自分ひとりの力では踏み込めない異世界に特別にアクセスできる体験に仕立てることが、5つ星レビューの獲得につながります。

6. 自由度が高く交流が深まる少人数も意外と受けがいい

参加人数は少ない方が、特別扱いされるし交流も深まると、ゲストのみなさまは感じています。参加者同士が交流し、自然にお近づきになれる趣向を盛り込むことも体験では外せないポイントです。交流を促すには、冒頭でアイスブレイカー(緊張をほぐすゲームや仕掛け)と自己紹介の時間を設けるのもいいですね。また、一緒に力を合わせてがんばりましょう、とホストの方から音頭をとると、シャイな参加者同士も距離を縮めることができます。

「ひとり旅が好き。でもずっとひとりは、さすがに飽きます。たまには冗談や笑い話につきあってくれる話し相手が欲しくなるし、写真を撮りあえる仲間もいてくれたらなあ、って思うんですよね」ーAirbnb体験ゲストのKatharineさん

少人数の体験と並んで好評なのが、その日集まったメンバーを見て体験の一部を柔軟にアレンジしてくれる神ホストです。中には、見たいもの、知りたいこと、やりたいことをゲストに聞いて、リクエストになるべく応えられるようがんばるホストもいるというお話でした。

以上いかがでしたか?同じ体験でも、ゲストの視点から見ると目から鱗なことがいろいろありますよね。もしよかったら、ゲストの目から見た体験に関するこちらの動画もぜひご覧になってみてください。遠い異国を旅行中の体験ゲストの心理、居場所を実感できる体験に欠かせない要素を紹介しています。